パソナキャリア

2021年最新版!パソナキャリアの担当者の変更方法|しつこい、うざい、使えないキャリアアドバイザーを変更する前に知るべき3つのこと

担当者を変更する方法を知っておいた上でパソナキャリアに登録したい!
パソナキャリアを利用しているけれど、すぐにでも担当者を変更したい!

担当者との相性が悪ければ、今後の転職活動がうまくいかない可能性が高くなってしまいます。

私は500以上の転職エージェントの利用方法を調査してきました。

そこで本記事では、パソナキャリアの担当者変更方法変更する前に知っておくべきことを3つにまとめてお伝えします。

担当者変更の方法を知っておくと、より安心してパソナキャリアを利用できるようになりますよ!

\まずは結論/

パソナキャリア』の担当変更の方法は公開されておらず、専用の担当変更フォームのようなものも確認できません。

よって担当者に直接メールか電話で担当変更を申請する以外に方法はないでしょう。

もし担当者に直接申請することなく担当変更できる転職エージェントがいい場合は、担当変更専用フォームがある『リクルートエージェント』がおすすめです。

パソナキャリアの担当者を変更する方法

パソナキャリアで担当者を変更する場合は、あなたが担当者に直接担当変更の申請をします。

担当者変更申請用のページなどはありません。

まずはメールで担当変更の申請をして、メールを読んだであろう時間を見計らって電話でも連絡し謝意を伝えるのが良いでしょう。

担当のキャリアアドバイザーに面と向かって変更を申請したり、電話で言いづらい場合はメールで担当変更の連絡をするようにしましょう。

担当変更を申請する最初のメールで、いきなり次の担当者に求める知識や対応を書くのは失礼にあたる場合が多いでしょう。

メールのやり取りをする中、もしくは次の担当者とコンタクトを取れた際に頃合いを見て担当者に求める知識や対応など希望することを伝えることをお勧めします。

担当者変更の申請フォームがなければ、担当者変更とその理由を伝えるのにちょっと気を使いますね。

参考までに担当者変更のメールの例文を記載しておきます。

件名:ご担当者様変更のお願い

(パソナキャリア担当者名)

お世話になります。(あなたの名前)でございます。

大変恐縮ではありますが、様々なご担当者様のご意見を伺いたくご担当者様変更のお願いをさせていただきます。

(パソナキャリア担当者名)様には大変熱心にご対応していただいていることは理解を致しておりますが、私が期待するサービスとご提供いただいているサービスに乖離があり、今後転職活動を進めていくにあたり不安が生じております。

(担当者名)様には大変お世話になり感謝しております。

何卒ご理解、ご了承のほどよろしくお願いいたします。

(あなたの名前)

>>担当変更方法が分かったのでパソナキャリアに登録する

パソナキャリアのキャリアアドバイザーを変更する前に知るべき3つのこと

さて担当者を実際に変更してしまう前にここに書いておる3つのことを知っておきましょう。

この3つを知っているだけで、担当者変更を機に転職活動をより適切に進めることができます。

代わりの担当者がいない場合がある

担当者の申請をしてもあなたの希望する業界や職種、地域を担当する担当者がいなければ、担当変更申請をしても変更できない可能性があります。

特に東京、大阪、名古屋などの都市部以外の地域の担当者の数は少ない傾向にあります。

北陸・甲信越エリアであれば担当者は1名ですので、万が一担当を変更したいと思っても他に担当者がいません。

パソナキャリアのホームページにはキャリアアドバイザーを紹介するページがあり、キャリアアドバイザーとしての経験年数た担当する業界や職種、地域などに加え、本人の人柄も垣間見えるメッセージも記載されています。

パソナキャリアは転職エージェントの中で唯一47都道府県全てに拠点があるからか、他の大手の転職エージェントでは担当者が公表されていない北陸・甲信越エリアや北関東エリアにも担当者がいるのが特徴です。

担当変更申請を行うのであれば、あなたの希望する業界や職種、地域の担当者がいるのかを確認しておくと良いでしょう。

【パソナキャリアのキャリアアドバイザー 一覧ページ】

【パソナキャリア担当者 業界・職種・エリア別人数】

業界・職種・地域 人数
IT・WEB業界 19人
ものづくり業界 11人
メディカル業界 7人
金融業界 8人
コンサルティング業界 6人
販売・流通・サービス業界 3人
営業職 2人
管理部門 21人
エグゼクティブ 1人
北海道エリア 2人
東北エリア 3人
北関東エリア 4人
北陸・甲信越エリア 1人
東海エリア 30人
関西エリア 15人
中四国エリア 6人
九州エリア 8人

※2021年1月1日調べ

次の担当者に求める知識や対応をパソナキャリアに伝える

パソナキャリアは現行の担当者に担当変更申請をしなければいけないので、伝えるタイミングに気を使う人もいるでしょうが、担当者の変更を申請するのであれば次の担当者に求める知識や実績、対応などを伝える必要があります。

次の担当者に求めることを伝えておかなければ担当者が変更になっても状況が改善されない可能性が高くなります。

  • もっと自分の転職する業界・職種に詳しい人が望ましい
  • 紹介件数が少ないのでもっと積極的に紹介して欲しい
  • 紹介件数が多すぎるのでもっと絞って紹介して欲しい
  • 連絡が遅いと感じているのでもっと連絡が欲しい
  • 連絡が多すぎるので夕方にまとめて連絡して欲しい

2つ以上の転職エージェントを併用する

転職エージェントを利用する際のポイントは2つ以上の転職エージェントに登録をすることです。

2つ以上の転職エージェントに登録をすることにより、担当者・サービス・求人の質を比較することができますし、転職エージェント同士を競合させることもできます。

またあなたの人生の大切な転機なのですから、なるべく多くの求人にアクセスをしておき、選択肢を増やしておくに越したことはありません。

すでにパソナキャリアに登録をしているのであればなるべく早めに、もしまだ1社も登録をしていないのであれば複数社に同じ日に登録することをお勧めします。

登録日が近いことで各転職エージェントでの転職活動の進行が同じになり比較がしやすくなるためです。

パソナキャリアと併用する転職エージェントでお薦めなのは『リクルートエージェント

※リクルートエージェントは新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、対面面談を電話面談に切り替えています。

そのメリットは以下の3点です。

  • 人材紹介業界最大手が運営
  • 求人件数No.1
  • 担当変更はネット上から申請

人材紹介業界最大手のリクルートが運営するリクルートエージェントの求人件数はパソナキャリアの40,728件の7倍以上の316,638件。

この求人件数は転職エージェント最大の求人件数です。

また担当者の変更方法がネット上からの申請なので、直接担当者に電話やメールで連絡する必要がありません。

でもリクルートエージェントの求人件数やサービスがいくら良くても、また担当者と合わなければ意味がありませんよね?

登録をすると3営業日以内にリクルートエージェントから電話(もしくはメール)で連絡があるので、その時にパソナキャリアで合わなかった担当者の特徴とリクルートエージェントの担当者に求めることを伝えておきましょう

転職活動は短期で終わらせてしまうのが鉄則です。

リクルートエージェントにも早めに登録してしまいましょう!

※リクルートエージェントは新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、電話面談を実施しています。

>>リクルートエージェント公式サイト

\公式サイト/
有効求人倍率が急上昇中!業界最大手リクルートエージェントへの登録はお済みですか?
無料登録はこちら!
\業界最大手!/
リクルートエージェントに無料登録