リクルートエージェント

海外在住でリクルートエージェントを利用する方法|海外拠点一覧まとめ

サイト管理人
サイト管理人
こんにちは!中国上海で2年間駐在員として働いていたサイト管理人のしんすけです!

海外に住んでいながら転職活動を行うのは、日本に比べると難しいのですがそこまでハードルの高いものではありません。

日本からの海外赴任者が多い国ベスト20のうち、マレーシアを除く19カ国は、リクルートエージェントを利用することができます。

日本に帰国するタイミングで転職エージェントの担当者に一度会っておいて、あとはメールやチャットでやり取り。

海外で働いており、日本拠点とのやりとりも多いあなたであれば、難なくこなすことができるでしょう。

本記事では、海外在住の求職者が、リクルートエージェントを利用して日本勤務・海外勤務の日系企業に転職する方法についてお伝えします。

冬になるとコロナが流行して身動きが取れなくなってしまうかもしれません。

確実に動ける今のうちに転職活動を終わらせてしまいましょう!

>>リクルートエージェントに転職の相談をする

リクルートエージェントを利用できる国

リクルートエージェントのサービスを受けられる国は限られています。

海外赴任者が最も多いのは中国でアメリカ、タイと続き、この3カ国で日本の海外赴任者の約6割になります。

日本からの海外赴任者が5番目に多いマレーシアは対応していませんが、日本からの海外赴任者が多い国ベスト20のうち19カ国は入っています。

  • アメリカ
  • カナダ※
  • ブラジル
  • ロシア
  • 中国
  • 香港
  • 韓国
  • 台湾
  • オーストラリア※
  • ニュージーランド
  • シンガポール
  • インドネシア
  • インド※
  • ベトナム
  • アラブ首長国連邦
  • ミャンマー
  • メキシコ
  • タイ※
  • イギリス
  • フランス
  • ドイツ

※は一部例外のある国です。詳細はリクルートエージェントにお問い合わせください。

>>リクルートエージェントを利用できる国に住んでいるので登録する

面談(カウンセリング)の方法

海外に住んでいてもネットからリクルートエージェントに登録をするところまでは、日本の求職者と変わりません。

求職者が日本在住の場合は、最寄りのリクルートエージェントの事務所でカウンセリングを行い転職活動を本格的に開始するのですが、海外に住んでいる場合は電話やメールでカウンセリングの対応をしてくれます。

会社の電話やメールアドレスは使わずに個人のものを利用しましょう。

しかし海外在住だと個人の電話を持っていない場合もあるかと思います。

個人の電話を持つのが一番望ましいですが、海外で個人の携帯を持つとなると現地語を理解しないと持てない場合もあります。

そのような場合はリクルートエージェントとメールでやり取りをするか、スカイプなどのアプリを利用してのカウンセリングを打診してみましょう。

電話やメールでのカウンセリングを実施すると、どうしても実際に会ってカウンセリングする場合と比べると伝えきれないことが出てきます。

それでもキャリアアドバイザーとすぐには会えない状況を変えることはできないので、会えない中で工夫して有益なカウンセリングを行うのかが重要です。

カウンセリングの前にはあなたの転職理由や退職理由、譲れない労働条件、好みの求人などを事前にメールしておくとより有益なカウンセリングとなります。

しかしこの内容は重要であるとともに、万が一、今の会社に情報が漏れると大変なことになってしまいます。

一度退職を検討したことがあるという過去は変えることができず、今の会社に居続ける選択をした時に出世に影響し兼ねません。

そのためにも情報漏洩には、細心の注意を払ってください。

また帰国の際には、やり取りをしていたリクルートエージェントの担当者(キャリアアドバイザー)と面談するためにも、リクルートエージェントを訪問するスケジュールを組みましょう。

あなたが帰国した際に訪問できる拠点の人に担当してもらえるよう、最初にお願いをしておくと良いでしょう。

リクルートエージェントの海外拠点

リクルートエージェントとその運営会社のリクルートキャリアも海外の拠点を公表していません。

関連会社のRGFはアジア各国を中心に拠点を持っていますが、こちらはグローバル人材を扱う会社であり、日本での転職を希望する人向けの転職サービスではありません。

まとめ

海外からの転職活動は少し骨の折れる作業ではありますが、リクルートエージェントには海外勤務から日本勤務への転職実績があります。

どのタイミングで何をすべきなのか過去の実績をもとに色々と教えてもらい、転職を成功に導いてもらいましょう!

>>リクルートエージェントに転職の相談をする