運営会社は同じ!リクルートエージェントとリクナビNEXTの違いは?比較してみた

The following two tabs change content below.

サイト管理人しんすけ

ブラック企業からホワイト企業に転職した経験を持ち、今は面接官も務めています。 求職者と採用担当者の両方の目線で求職者の悩みを解決し、転職サービスを客観的目線で評価します。

リークルートエージェントとリクナビNEXT。

似たような名前だけれども何がどう違うのかよく分かりませんよね?

両方とも求職者と求人をマッチングしてくれるサービスであり、運営会社は同じリクルートキャリアです。

リクルートエージェントは担当者が付くのに対して、リクナビNEXTは担当者が付きません。

リクルートエージェントは担当者と一緒に打ち合わせしたり転職市場について教えてもらったり求人を紹介してもらうので、本格的に転職活動を進めたい人向け。

リクナビNEXTは担当者は一人で専用のサイトで求人を眺めてきになる企業があったら自分で応募するので、自分のペースで気楽に転職活動をしたい人向けです。

リクルートエージェントのようなサービスを転職エージェントよ呼び、リクナビNEXTのようなサービスを転職サイトと呼びます。

リクルートエージェントとリクナビNEXTの違い、どのように使い分ければ良いのか、他の転職サービスは何を使えば良いのかについて解説します!

リクルートエージェントとは

リクルートエージェントは日本最大の転職エージェントです。

転職エージェントとは求職者一人一人に担当者が付き、求人の紹介、企業との面接日の調整、年収や労働条件の交渉などを代行してくれます。

また求人数は20万件を超え、他社の追随を許しません。

転職エージェント2番手のdodaの求人数は15万件、3番手のパソナキャリアは5万件です。

転職活動の際には可能な限り多くの求人にアクセスできる状況を作るのは必須です。

リクルートエージェントには面接指導をしてくれる面接力向上セミナーや各業界の動向を分析したエージェントレポートなどのサービスがあり、求職者の担当者となるキャリアアドバイザーも優秀です。

転職すると決めたのであればリクルートエージェントには必ず登録しておきましょう。

リクルートエージェントに登録をするとあなたの担当者となるキャリアアドバイザーから連絡がありカウンセリングを受けることを提案されます。

カウンセリングは転職活動の起点となる最初の打ち合わせですので、退職理由や転職に望むことを整理しておきましょう。

ちなみにリクルートエージェントは今すぐの転職する気が無くても、また転職するかどうか決まっていなくても登録してサービスを受けることが可能です。

転職するかどうか、転職の時期が決まっていなくてもリクルートエージェント に登録することにより以下のことを知ることができます。

  • 自分の市場価値
  • 有利な転職時期

どのような状況であれ転職する可能性があるのであれば一度キャリアアドバイザーにカウンセリングを受けることをお勧めします。

本記事ではリクルートエージェントを利用して転職した人100人にアンケートに回答してもらい、結果を3つのメリットとデメリットにまとめて評価しました...

リクナビNEXTとは

リクナビNEXTとは日本最大の転職サイトです。

転職サイトは登録を行うと専用のサイトにアクセスできるようになり、そこで求人を閲覧し気になった企業に登録をします。

求職者に担当者は付かず、企業との面接日の調整、年収や労働条件の交渉などはすべて求職者自身が行います。

求人の検索も原則求職者自身が行いますが、登録をしておくだけで企業からオファーが届く「オファーサービス」は非常に便利です。

なるべくプロフィールを細かく描き込むとより多くのオファーを獲得することができます。

ちょっと前まではこのオファーサービスがなかったので、自分にあった求人を自分で検索する必要があったのですが、オファーシステムができたことにより自分に合った求人を探す手間が格段に減りました。

私が転職活動を開始したのは退職した後。 前々からいつかは転職しなければと思っていたのですが、なかなか行動に移せず、まず退職してから転職活動...

まとめ

まだ転職活動を本格的に開始しないのであればまずはリクナビNEXTにだけ登録をしておくことをお勧めします。

登録自体はほんの数分で終わりますし、登録したからといって担当者から連絡がきたりもしません。

転職活動を本格的に開始する前にどんな求人が世の中にあるのか、自分はどんな企業に転職でできそうなのかを知っておくことも重要です。

リクルートエージェントに登録すると担当者とのやりとりが頻繁に行われるようになりますので自然とリクナビNEXTを利用することは少なくなってくるでしょう。

またリクルートキャリア系だけの転職サービスに頼らず2~3社の転職サービスを利用するようにしましょう。