リクルートエージェント

スクショで解説!リクルートエージェントの退会方法|個人情報削除・再登録方法も解説!

サイト管理人
サイト管理人
こんにちは!

リクルートエージェントを退会するには、退会専用フォームから申請するだけで完了します。

直接担当者に連絡する必要がないのがいいですね!

個人情報の削除は別途申請する必要があり、再登録は最初に登録した時と同じ手順を踏むことで可能です。

本記事ではリクルートエージェントの退会方法と個人情報削除について、また再登録について、その注意点とともにお伝えします!

>>リクルートエージェントの退会方法が分かったので登録する

◆リクルートエージェントを退会しても転職活動を続けるのであれば!◆

dodaはリクルートエージェント以外で唯一総求人件数が10万件を超える転職エージェントで、リクルートエージェントが唯一ライバル視しています。

dodaもリクルートエージェントから流れてきたユーザーであれば、何が何でも転職させるために尽くしてくれるでしょう。

>>dodaで転職活動を続ける

スクショ付き!リクルートエージェントの退会方法

リクルートエージェント退会する場合は専用の応募フォームから応募することができます。

リクルートエージェント退会の手順は以下の通りです。

退会手続きを行って1週間以上経ってもメール連絡がない場合や不明な点がある場合は、リクルートエージェントの問い合わせ窓口から問い合わせましょう。

1.登録内容に記入し「確認事項に同意して次へ」を選択

2.内容に問題がなければ「この内容で送信する」を選択

3.退会手続きが完了し、メールでもお知らせが届く

>>退会方法が分かったのでリクルートエージェントに登録する

リクルートエージェントの個人情報削除方法

個人情報はサービスを終了した後、法令等の定めに従い、一定期間保管したのちに消去しています。

何を持ってサービス終了なのか、一定期間がどれほどの期間なのかは公表されていません。

確実に消去するためには担当のキャリアアドバイザーに個人情報の削除を申請しましょう。

担当のキャリアアドバイザーの連絡先が分からないなど、直接連絡できない場合は、リクルートエージェントの問い合わせ窓口から個人情報の申請を行えば、担当者に伝わります。

リクルートエージェントの担当者に個人情報削除を申請する場合のメール例文を記載しておきますので、参考にしてください。

件名:リクルートエージェント退会に伴う個人情報削除のお願い

メール本文:

株式会社リクルートキャリア
(担当者名)様

お世話になります。(あなたの名前)でございます。

表題の件の通り私がリクルートエージェントに登録した個人情報の削除をお願いいたします。

個人情報の削除が完了致しましたらご一報いただけますようお願い申し上げます。

よろしくお願いいたします。

(あなたの名前)

>>個人情報の削除方法が分かったのでリクルートエージェントに登録する

リクルートエージェントの再登録方法

リクルートエージェント退会をしても、再登録が可能です。

個人情報を削除している場合は、リクルートエージェントに最初に登録した時と同じ方法で登録を行えば再登録することができます。

個人情報を削除していない場合は、「前回の登録情報(プロフィール・資格情報など)を利用されたい場合」かというページで前回登録したメールアドレスと生年月日を入力すると再登録が完了します。

しかし以下の場合には前回の登録情報を利用しての登録ができないので注意が必要です。

  • 前回利用時に、登録情報消去の依頼をした場合
  • 前回の申し込みから5年以上経過している場合
  • 前回申込時に入力したメールアドレスが使用できない場合
  • 前回申込時に入力したメールアドレスを忘れた場合

※前回の登録情報(プロフィール・資格情報など)を利用されたい場合に再登録するページ

>>再登録方法が分かったのでリクルートエージェントに登録する

リクルートエージェントを退会する前に確認すべき3つのこと

リクルートエージェントを退会する前にこの2つを知っておけばよりスムーズに退会でき、退会後も気持ちよく次に進むことができます。

ぜひ一度目を通しておいてください。

担当者(キャリアアドバイザー)の変更で解決しないかを検討する

リクルートエージェントを退会する理由は人により様々ですが、もし以下のような理由なのであれば担当者の変更を検討してみてください。

  • 担当者と合わない
  • 紹介された求人に満足がいっていない
  • サービスに満足できない

リクルートエージェントにどれだけ良い求人やサービスがあっても、窓口となる担当者がダメだったら全てがダメに見えてしまいます。

リクルートエージェントは転職エージェント業界No.1の求人件数があり、ありとあらゆる業界・職種・地域・年代向けの求人を扱っています。

もしからしたらリクルートエージェントが合わないのではなくて、担当者と合わないだけなのかもしれません。

リクルートエージェントの担当者の変更方法は以下の記事を参考にしてください。

もう無理!リクルートエージェントの担当者の変更方法|しつこい、うざい、使えないキャリアアドバイザーを変更する前に知るべき3つのこと リクルートエージェントの担当者を変更するにはネット上から「転職支援サービスお問い合わせフォーム」から申請をします。 最後まで読むと...

リクナビNEXTの退会も検討する

リクルートエージェントに登録をする際に、同時にリクナビNEXTに登録している場合はリクナビNEXTの退会も検討しておきましょう。

リクルートエージェントに登録する際に、気づかずにリクナビNEXTに登録してしまうケースもあるようです。

リクナビNEXTの設定次第では、リクルートエージェントを退会した後もメールが届く場合もありますし、リクルートエージェント経由以外で転職が決まった場合や転職自体をやめた場合はリクナビNEXTは必要ありません。

リクナビNEXTの退会方法は以下の記事を参考にしてください。

スクショ付!リクナビネクストを退会できない!?登録解除・個人情報削除・再登録について解説!本記事では実際にスマホ(アイフォン)を使用してリクナビネクストを退会する方法を解説します。 退会が完了すると、個人情報は全て削除さ...

担当者(キャリアアドバイザー)に退会する旨を連絡をしておく

リクルートエージェント登録をするとまずはあなたの担当者となるキャリアアドバイザーと実際に会って面談(キャリアカウンセリング)を行っているはずです。

担当者は仕事とはいえ、実際に顔を合わせて相談に乗ってもらったのですから一声かけておきましょう。

どのように声を掛けるかはあなたと担当者の関係性にもよりますが、一度会った程度であればメールか電話のどちらか。

紹介してもらった求人に応募をしたり、模擬面接をしてもらったり、なんどもやりとりしたのであれば、リクルートエージェントを退会する旨を認めたメールを送信して、担当者がメールを読んだであろう時間帯(メール送信後半営業日程度)に電話をして謝意を伝えればお互い気持ちよく終わることができます。

いきなり退会することを連絡すると担当者もびっくりするかもしれませんので、常日頃から担当者とリクルートエージェント以外での転職活動の状況の報告などをしておくようにしましょう。

参考までにメール例文を記載しておきます。

件名:リクルートエージェント退会のご報告

メール本文:

株式会社リクルートキャリア
(担当者名)様

お世話になります。(あなたの名前)でございます。

表題の通りリクルートエージェントを退会することになりましたのでご報告いたします。

兼ねてよりご報告していた通り、他社にて選考が進んでいた企業より内定をいただき転職することが決まりました。

後ほど退会フォームより退会申請をさせていただきますので何卒ご了承いただけますようお願い申し上げます。

また私の個人情報につきまして消去いただき、完了しましたらご連絡をいただけますようお願い致します。

(担当者名)様には大変お世話になり感謝しております。

御社経由での転職とならなかったこと、どうかご理解・ご了承いただけますようお願い致します。

(担当者名)様のますますのご活躍をお祈り申し上げます。

よろしくお願い致します。

(あなたの名前)

>>リクルートエージェントを退会する前に確認すべきことが分かったので登録する

リクルートエージェントを退会した後に登録すべき転職エージェント

リクルートエージェントを退会しても転職活動を継続するのであればdodaを利用しましょう。

doda以外にも様々な転職エージェントはあるのですが、10万件以上の求人件数と求人の質でリクルートエージェントに勝負できるのはdodaのみです。

dodaやリクルートエージェントの次に多いのがマイナビエージェントやパソナキャリアになりますが、総求人件数は3〜4万件と少ないのが現状です。

求人件数は求職者の選択肢に直結します。

dodaとリクルートエージェントは転職エージェント業界のトップで競い合っているので、お互いのユーザーを獲得することはとても意味のあることなのです。

リクルートエージェントを退会した直後にdodaを利用すれば、リクルートエージェントでは満たせなかったあなたの要望を満たすために尽くしてくれることでしょう。

>>dodaを利用して転職する