こっちがいい!マイナビエージェントとJACリクルートメントを比較!その違いは?

The following two tabs change content below.

サイト管理人しんすけ

ブラック企業からホワイト企業に転職した経験を持ち、今は面接官も務めています。 求職者と採用担当者の両方の目線で求職者の悩みを解決し、転職サービスを客観的目線で評価します。

『マイナビエージェント』は20代後半〜30代の年収300〜500万円の一般転職者向けの求人を中心としており、多岐にわたる転職サービスを提供しているマイナビグループの中核事業です。

『JACリクルートメント』は35歳以上で年収600万円以上のハイクラスやアジアを中心とした海外の求人が中心になります。

一般転職は『マイナビエージェント』ハイクラス転職は『JACリクルートメント』です。

よって年収500万円〜600万円代という、一般転職とハイクラス転職の狭間にいる求職者は両方に登録しても良いでしょう。

『マイナビエージェント』と『JACリクルートメント』を比較

転職エージェント名 マイナビAgent JACリクルートメント
運営組織 (株)マイナビ (株)ジェイエイシーリクルートメント
設立 1973年 1988年
従業員数 9,400人(マイナビグループ全体) 781人
拠点 71ヶ所 9ヶ所
資本金 21億210万円 6億1950万円
事業内容 ・就職情報誌の提供、求人・採用活動に関するコンサルティング
・労働者派遣事業、有料職業紹介事業
・その他
・人材紹介事業
求人数 取引社数1.5万社以上
非公開求人80%
非公開求人1.5万件以上
強み・特徴 ・20代30代に特化
・運営会社であるマイナビは業界・職種・年代によって細分化された転職サービスを展開
・求職者はマイナビグループの幅広い転職市場の経験とノウハウを利用できる
・日本国内のハイクラス求人に加えて海外の求人にも強い
・アジアを中心に複数の拠点がある
メインユーザー 20代〜40代、年収300万円〜600万円 35歳以上、年収600万円以上

※2018年10月23日 当サイト調べ
※強み・特徴、メインユーザーについては転職エージェント公表のものではなく当サイトの調査・分析によるものです。

『マイナビエージェント』と『JACリクルートメント』の比較と考察

マイナビエージェントはマイナビグループの数あるサービスの中で20代と30代の一般転職に特化した転職エージェントです。

求人件数を公表せず取引社数1.5万件としているのは求人件数の少なさから来ているのでしょう。

しかしマイナビグループはマイナビ看護師、マイナビDOCTOR、マイナビ保育士、マイナビミドルシニア、他にも数々のサービスなど求職者の属性によりサービスを細分化しているので、個別の転職サービスの求人数は少なく見えることになります。

マイナビエージェントは20代の中でも3年以上の社会経験がある求職者が対象です。

20代といえど入社3年以内で社会常識がまだ十分に身に付いていないのであれば第二新卒向けで未経験OKの求人が多いマイナビジョブ20’sがおすすめです。

マイナビエージェントは他のサービスも合わせると大手に引けを取らない求人数になりますし様々な転職業界に精通しているノウハウも蓄積されています。

マイナビグループの中で自分に合った転職サービスを紹介してもらうことも可能です。

マイナビグループの中にはハイクラス求人を揃えているマイナビ転職エージェントサーチと海外向け求人を揃えているマイナビ転職グローバルがあり、これらがJACリクルートメントのサービスに相当します。

一方JACリクルートメントは35歳以上で年収600万円以上のハイクラス、またアジアを中心とした海外勤務の求人などに特化しており、マイナビエージェントとはユーザー層が違います。

JACリクルートメントにも一般転職の求人は存在しますが、最初から一般転職を考えているのであればマイナビエージェントをはじめとした総合型転職エージェントや年齢や業界・職種に特化した転職エージェントが望ましくなります。

JACリクルートメントで転職を検討する求職者は以下の特徴を備えていることが望ましくなります。

  • マネジメント経験
  • 特定の業界での専門的な知識、経験、人脈
  • 海外勤務経験

一般転職であればマイナビエージェント、ハイクラス転職・海外転職しか考えていないのであればJACリクルートメントに登録をしましょう。

口コミ・評判

Gさん 38歳 男性

Gさん 38歳 男性

現職での海外転勤の可能性が極めて低くなったため転職を検討しネット検索で見つけたJACリクルートメント、就活でも利用したマイナビグループのマイナビ転職、大手のリクルートエージェントに登録をして転職活動を開始しました。

マイナビエージェントはマイナビ転職グローバル、リクルートエージェントはRGAというサービスをグループ企業の紹介してもらい3社とも様々な求人を紹介してくれました。

RGAとJACリクルートメントは具体的な現地情報があったのに対してマイナビグルーバルはちょっと具体性に欠けていたかなという感じです。

キャリアアドバイザーの違いが大きいと思いますが、RGAもJACリクルートメントも現地の情報という部分を踏まえて求人を紹介してくれたのが非常に説得力がありました。

結局RGAとJACリクルートメントに紹介してもらった複数の求人に応募をして、RGAの求人は面接で落ちてしまい。JACリクルートメントは2社で内定を得ることができました。

正直RGAの求人が第一志望だったのですが私の能力不足だったのでしょうがないと思っています。

タイで若手社員が退職してしまい、日本の社内にも海外に赴任させられる要因がおらず求人を出していた商社に内定が決まり、日本で半年の研修を受けた後バンコクに赴任しました。

私が東南アジアでの仕事を希望していることと、日本にいながらも海外の取引先と普段からやりとりをしたり接待をしたりという経験があり、前職は機械メーカーだったのですがその知識が機械商社でも活用できるという3点をJACリクルートメントのキャリアアドバイザーが機械商社に伝えてくれたことが内定を獲得できた大きな要因だったと思っています。

Uさん 35歳 男性

Uさん 35歳 男性

会社の上層部が新しい経営陣に入れ替わりどうしてもその方針について行けず転職を検討し始めました。

歳も歳なのでいい会社が無ければ今の会社のままと思いまずマイナビエージェントとJACリクルートメントに登録。

両社ともに良い求人を紹介してもらいましたが、マイナビエージェントのキャリアアドバイザーは私の状態をよく理解してくれ、転職する意思が固まるまでは情報収集に徹して、意思が固まったら本格的に始めましょう!と言ってくれました。

JACリクルートメントの方も良くしていただいたのですが、今すぐ転職するか分からない私は優先順位が低かったのか、適度にやりとりしていたマイナビエージェントと懇意になっていき、登録の半年後にマイナビエージェントに紹介してもらった求人に転職することになりました。

最後に

一般転職であればマイナビエージェント、ハイクラス・海外転職であればJACリクルートメントを利用しましょう。

年齢や年収がハイクラスに届かなくともハイクラスの転職にチャレンジしいたのであれば両方に登録しておけば良いでしょう。

20代30代でまだ社会経験と実績を積む段階であったりマネジメント・指導経験・十分な専門知識がないのであればマイナビエージェントのみを登録しましょう。

転職の際には大手の転職エージェントに1つ以上、自分の年齢や業界・職種に特化した転職エージェントを1つ以上、合計3つ以上の転職エージェントに登録をして可能な限り多くの自分に合ったジャンルの求人にアクセスできる状況にすることが重要です。

マイナビエージェントとJACリクルートエージェントについては以下の記事で詳しく解説しています。

転職活動を始めると目につくのが転職エージェントのリクルートエージェント、doda、そしてこのマイナビエージェントではないでしょうか。 この3社...
JACリクルートメントはミドル〜ハイクラスの高収入に求人に特化した転職エージェントです。 JACはJapan Agency&Con...