一般転職のエンエージェントと若者向けJAICを比較!その違いは?

The following two tabs change content below.

サイト管理人しんすけ

ブラック企業からホワイト企業に転職した経験を持ち、今は面接官も務めています。 求職者と採用担当者の両方の目線で求職者の悩みを解決し、転職サービスを客観的目線で評価します。

『エンエージェント』は第二新卒からハイクラスまで幅広い求人を扱っています。

求人数は1.5万件と大手の転職エージェントに比べると少ないですが、転職後の徹底したフォローにより転職市場で存在感を出している転職エージェントです。

『JAIC』は20代前半のフリーターや第二新卒、既卒や中退者を対象としている転職エージェントです。

求人数は公開されておらず20代前半の未経験を対象としているので何万件もの求人を抱えているとは思えませんが、無料の就職講座を求職者に受講させ社会経験が少ない、もしくは無い場合でも就職できる土俵まで引き上げてくれます。

ビジネスマナーが身についている求職者は『エンエージェント』、まだビジネスマナーが身についておらず転職活動に不安がある求職者は『JAIC』を利用しましょう。

『エンエージェント』と『JAIC』の会社概要・特徴の比較表

転職エージェント名

エンエージェント

JAIC

運営組織

エン・ジャパン(株)

(株)ジェイック

設立

2000年

1991年

従業員数

連結:2,534名
単体:1,365名

180名

拠点

9箇所

6箇所

資本金

11億9499万円

7739万5000円

事業内容

人材採用・入社後活躍サービスの提供
1) インターネットを活用した求人求職情報サービス
2) 人材紹介 (厚生労働大臣許可番号 13-ユ-080296)
3) 社員研修
4) 人事コンサルティング、適性テスト

教育研修事業、社員教育教材の政策・販売事業セミナーの企画・運営事業、人材紹介事業(厚生労働省許可 13-ユ-010450)、大学支援事業(厚生労働許可般13-01-0737)

求人数

1.5万件

非公開

強み・特徴

・入社後2週間・1ヶ月・2ヶ月・6ヶ月・1年・1.5年・2年・2.5年・3年のタイミングでフォローの連絡 社会経験が少ないもしくは全く無い求職者に対して研修を通してビジネスマナーを身につけさせ、一定のレベルの求職者に育て求人を紹介する
・フリーター・未経験・中隊・既卒、就職成功率80.3%
・就職支援実績14,000名以上
・入社後定着率:94.3%
厚生労働省委託(職業紹介優良事業者推奨事業)が決める「職業紹介優良事業者」に認定
※1万社中48社が得ている。2017年9月時点
・正社員の仕事以外の紹介なし(ホワイトカラー中心)
・外食、投資用不動産、アミューズメントなど離職率の高い業界は紹介しない
・紹介する会社は社内の雰囲気から福利厚生まで全て実際に足を運んで確認している
・ニート期間が長くてもOK

メインユーザー

・一般(20代後半〜40代、年収400万〜600万) 20代、第二新卒、フリーター、既卒、大学中退、ニート

※2018年10月23日 当サイト調べ
※メインユーザー、強みについては転職エージェント公表のものではなく当サイトの調査・分析によるものです。

『エンエージェント』と『JAIC』の比較と考察

『エンエージェント』は第二新卒からハイクラスまで幅広い求人を扱っており、『JAIC』は第二新卒やフリーター・既卒・中退向けの未経験OKの求人を扱っています。

第二新卒に該当する求職者は重複していますが、ビジネスマナーをある程度習得しており業務を一通り経験している第二新卒は『エンエージェント』、入社間もなく転職を検討しているなどでビジネスマナーがほとんど身についていない第二新卒は『JAIC』を利用すると良いでしょう。

一応社会人は経験したものの2週間で辞めてしまいビジネスマナーが全く身についていない求職者が『エンエージェント』利用しても対応はしてくれますが、『JAIC』を利用した方がビジネスマナーをゼロから教えてくれるのでおすすめです。

ビジネスマナーは業界や会社によって違うもの。

入社3年以下では、(自分は大丈夫!)と思っていても外の業界や会社では非常識・・・なんてこともあり得ます。

『JAIC』を利用するのであればビジネスマナーをチェックしてもらい必要に応じて就職講座を受けましょう。

就職講座ではビジネスマナー、自己分析、企業研究、選考書類の書き方、面接対策まで就職・転職に必要なすべてのことを教えてくれます。

逆にビジネスマナーが備わっているのに『JAIC』を利用する意味はあまり無く、「面接だけ不得意だ」などという場合には『エンエージェント』のキャリアアドバイザーに教えてもらえば良いでしょう。

『エンエージェント』の担当者はキャリアアドバイザーという肩書であり、求職者の仕事における経験の積み重ねであるキャリアを転職によって向上させることを目的としています。

キャリアアドバイザーの業務は求職者を転職させるだけにとどまらず、転職後の2週間・1ヶ月・2ヶ月・6ヶ月・1年・1.5年・2年・2.5年・3年のタイミングでフォローの連絡を行うところまで含まれています。

ブラック企業からの転職や人間関係のトラブルからの転職の際は一般の転職よりも不安が付き物です。

(入社してまたブラック企業だったらどうしよう・・・)(また上司が変わった人だったらどうしよう・・・)なんてことは転職前に考えてもしょうがないのですが、思い描いた会社に転職できないことは残念ながらあり得ます。

転職後にキャリアアドバイザーからのアフターフォローがあればより安心して転職活動に取り組むことができます。

ここまで手厚いフォローをタイミングの時期まで公表しているのが他の転職エージェンには無い『エンエージェント』の特徴と言えます。

一方『JAIC』の担当者は就職アドバイザーという肩書きであり、まだ社会経験が少いもしくは社会経験がない求職者を就職させることが目的になります。

『JAIC』も転職後に担当の就職アドバイザーが相談に乗ってくれます。

最後に

『エンエージェント』も『JAIC』も信頼できる転職エージェントではありますが、両サービス共に求人数は多くはありません。

転職エージェントを利用する転職はより多くの求人にアクセスするために、またよりあなたに合った担当者に巡り会うために3つのサービスを併用するのが一般的です。

また他の転職エージェントの存在も知らないで転職活動を進めてしまうのは損をする可能性があります。

※エンエージェントの特徴などについては「『エンエージェント』の特徴、評判、口コミは?スカウト機能や求人の質、年収について聞いてみた」にまとめています。

※JAICの求人やサービスについては「20代の転職者必見!『JAIC(ジェイック)』を解説!特徴、口コミ、評判は?」にまとめています。