type転職エージェントとJACリクルートメントを比較!その違いは?

The following two tabs change content below.

サイト管理人しんすけ

ブラック企業からホワイト企業に転職した経験を持ち、今は面接官も務めています。 求職者と採用担当者の両方の目線で求職者の悩みを解決し、転職サービスを客観的目線で評価します。

『type転職エージェント』は第二新卒からハイクラス向けまで幅広く約2万件の求人を扱っており、そのほとんどが東京都の求人であり、また約半数がIT/WEB関係です。

『JACリクルートメント』はハイクラス転職や海外転職など高度なマネジメント能力、専門的な経験・知識・人脈、海外勤務歴などを持った人向けの転職エージェントです。

東京都で転職するのであれば『type転職エージェント』、ハイクラスか海外転職しか考えていないのであれば『JACリクルートメント』に登録をすることをお勧めします。

比較表で見る『type転職エージェント』と『JACリクルートメント』

転職エージェント名

type転職エージェント

JACリクルートメント

運営組織

(株)キャリアデザインセンター (株)ジェイエイシーリクルートメント

設立

1993年 1988年

従業員数

581名(平成29年9月30日現在)

781名

拠点

2箇所 9箇所

資本金

5億5,866万円

6億1950万円

事業内容

・人材紹介事業(厚生労働大臣許可 13-ユ-040429)
・キャリア転職の専門情報サイト『@type』『女の転職@type』『@type営業の転職プラス』などの運営
・適職フェアの開催
・質の高い就職活動を情報誌、イベント、情報サイト、人材紹介で支援する『就活type』サービス
・パンフレット、ノベルティー採用HP作成などのアウトソーシング事業
・Webマガジン『エンジニアtype』『Woman type』『営業type』の企画・編集・運営など、企業の採用活動の総合的なサポート
・人材紹介事業

求人数

非公開求人80% 15,000件

強み・特徴

・無料の転職相談会や転職セミナーを毎週開催(東京)

・HPで約60名のキャリアアドバイザーの詳しい紹介あり
・ミドルエグゼクティブあり
・IT・WEBが多いが、営業、販売・サービス・事務、管理部門・企画職、ものづくり、ミドル・エグゼクティブ向けの求人も扱う

・知人・友人にJACを進めたい:93%
・登録者総数:60万人
・コンサル数:650名

メインユーザー

・20代後半〜40代、年収400万〜600万
・30代以上、年収600万以上
30代以上、年収600万円以上

※2018年10月23日 当サイト調べ
※メインユーザー、強みについては転職エージェント公表のものではなく当サイトの調査・分析によるものです

『type転職エージェント』と『JACリクルートメント』の比較と考察

『type転職エージェント』は10,000件以上の公開求人と6,000件以上の非公開求人がありそのうち15,000件以上は首都圏のものです。

年収600万円までの一般転職の求人が多くなりますが、600万円以上のエグゼクティブ求人も取り揃えており専任のキャリアアドバイザーもいます。

20代後半〜30代の一般求職者に加えて社会人歴3年未満の第二新卒や40歳以上の幅広いユーザーが登録しています。

type転職エージェントは東京本社で毎週無料の就職相談会を行なっています(要予約)。

今すぐ転職する気がなくとも将来転職するかもしれないのであれば自分の経験とスキルでどれほどの市場価値があるものなのか、時期はいつか良いのか、未経験業界に転職することはできるのか、ハイクラス転職をが狙えるのかなど様々なことを聞くことができます。

いざ転職となった時にゼロから始めるのと数ヶ月〜1年もの間少しでも情報を集めているのとでは書道に大きな差が出ます。

人と会って相談はちょっとしたくない・・・という場合は東京であれば転職のプロがいつでも毎週無料相談をしてくれる場所があることを知っているだけでも違います。

転職のタイミングは自分で決める場合もありますが、会社都合でやむなく転職せざるを得ないこともあり得ます。

※type転職エージェントの求人検索画面

『JACリクルートメント』の求人数は15,000件。

年収600万円以上のハイクラス求人がメインとなりますが400万円代の求人も存在します。

JACリクルートメントは30代後半以上で専門的なスキル、海外勤務、マネジメント、経営などの経験を持ったユーザーが多くなります。

JACリクルートメントの強み

JACリクルートメントの強みは何と言ってもハイクラス転職の求人が充実しているところです。

日本国内での求人はもちろんのこと海外の求人も充実しています。

JACリクルートメントはアジアのJACグループを統括している会社でもあります。

成長著しいアジアの事業を拡大するグローバル企業で活躍したい求職者にとっては有力な転職エージェントとなります。

求職者は海外要因としての高い信頼性とグローバルな意味でのビジネス共通認識と一定の語学力が求められます。

もちろん日本国内でのハイクラス転職でも求人を多数抱えています。

海外駐在など世界を股にかけたビジネスマンやステップアップを目指す人にはJACリクルートメントは強みを発揮します。

両社を使った人の評判・口コミ


産業機器メーカー 営業 年収470万円 → 機械商社 営業 年収 500万円

20代での海外勤務を夢見て海外勤務もある企業に入社したものの、日本市場でも海外の会社にシェアを奪われつつあり会社の業績は伸び悩んでいました。

海外の市場も早急に取り込むのが至上命題とのことで海外赴任社は若手よりも30代半ば〜40代半ばの中堅社員が赴任することが多く私が海外できるのはいつになるか分からない状況のため転職することを決めました。

type転職エージェントとJACリクルートメント、リクルートエージェントの3社に登録し転職活動を開始。

3社の転職エージェントから紹介してもらった求人に次々と応募をしましたが、なかなか私の年齢と語学力・経験で海外勤務の求人を射止めるのは難しく、JACリクルートメントのキャリアアドバイザーのアドバイスに基づきしばらくは在職しながら語学力とマネジメント力を磨くこととしました。

その時の求人が数ヶ月〜半年後にある保証はないのですが、傾向が少しは分かったのでTOEICの点数、マネジメント経験を積むこととしました。

TOEICは750点以上、マネジメントに関しては平社員なので簡単には経験できないためプロジェクトリーダーに立候補しました。

半年強たった頃にJACリクルートメントより紹介してもらった海外勤務の意欲と能力のある人を募集する求人を紹介してもらい、これだ!と思って応募。

機械社社ということで私の経験と知識が仕事に活かせると評価していただき内定を得ました。

まだ海外赴任はしておらず今は日本で仕事を覚えている段階です。

海外赴任者に最も大事なのは英語よりもマネジメント力よりも信頼できる人であるということを学んでいます。

Aさん 36歳 男性

Aさん 36歳 男性

システム開発エンジニア 年収550万円 → 金融企業 社内SE 年収 570万円

家庭の事情で地方から東京に引っ越すことになり転職を余儀無くされました。

システム開発の経験を活かすことのできる求人を求めてまずはtype転職エージェント、チームマネジメントの経験もあったのでハイクラス転職求人も見てみたくなりJACリクルートメントにも登録をしました。

どちらも労働条件の良い求人を紹介してもらいましたが、私の経験を生かすことができるIT系の求人はtype転職エージェントの方が多かった印象です。

何社かに応募して最終的にはtype転職エージェントに紹介してもらった社内SEの求人で内定を得ることが出来て無事転職できました。

社内SEはシステム開発とは違いますが、今までの経験も生かすことができる部分も多く色々勉強させてもらいながら仕事に慣れていっているところです。

最後に

転職エージェントを利用した転職活動はリスクヘッジのために2つ以上のサービスに登録をしておくのが鉄則です。

あなたに合った転職エージェントを見つけて転職を成功させましょう!

こちらの記事ではtype転職エージェントとJACリクルートメントを詳しく解説しています。

type転職エージェントは一般的な転職からエグゼクティブの転職まで幅広い求人を取り扱う転職エージェントです。 type転職エージェントの特...
JACリクルートメントはミドル〜ハイクラスの高収入に求人に特化した転職エージェントです。 JACはJapan Agency&Con...