ミイダスの市場価値診断やってみた!スマホで診断、登録の流れを写真付きで解説!

The following two tabs change content below.

サイト管理人しんすけ

ブラック企業からホワイト企業に転職した経験を持ち、今は面接官も務めています。 求職者と採用担当者の両方の目線で求職者の悩みを解決し、転職サービスを客観的目線で評価します。

アイキャッチ画像(冒頭の写真)は私がミイダスで自分の市場価値を分析した結果です。

別に私は普通の会社の営業職なのですが、思いの他高い結果が出ました。

選考条件に合致した企業数が907社、類似オファー年収実績833万円です。

※選考条件に合致した企業数:被分析者の経験・スキルを求めている企業の数
※類似オファー年収実績:被分析者と類似したユーザーに届いたオファーの平均年収

この画面の次に現れるのが以下の画面。

年収別に企業数が書かれています。

 

これをグラフにすると以下のようになりました。

 

選考条件に合致した企業数とも類似オファー年収実績とも数字は合致しませんしたので、冒頭の数字とは相関性はないように見受けられます。

そしてこの表の平均値は約500万円、中央値は約450万円となりました。

「類似オファー年収実績」とは「分析者と類似したユーザーに届いたオファーの平均年収」とのことなので、これから年収800万前後のオファーが来るのかもしれません。

ミイダスはここまでの分析はアカウントの登録無しで行うことができます。

登録をすると面接確約済みの企業からオファーが来ます。

このあとアカウントを開設したのですが、オファーが来ている企業の多くは年収300万円〜500万円。

1000万円以上もちらほらとありました。

オファーが来た中で最高の年収は分譲住宅販売会社の3000万円でした。

ミイダスを使うと年収1千万円以上の求人に簡単にアクセスができるというのがメリットの一つと言えるでしょう。

またミイダスに登録を済ませると以下のサービスを受けることができます。

  • 自分と同じような学歴や職歴の人の転職ビフォーアフターの転職データ
  • 適正チェック
  • 日経バリューサーチ

適正チェックも実際にやってみましたが130以上の問題がありしっかりとした適正検査でした。

興味のある企業のページからその企業の属する業界の客観目線のレポートを読めるので、日経バリューサーチも価値があります。

でも登録って面倒な気がしますよね?

私はいくつかの転職サイトに登録していますが、ミイダスが一番簡単でした。

登録で必要になる個人情報は以下のものです。

登録の段階で氏名を記入する必要はありません。

  • 電話番号
  • メールアドレス

本記事では実際にどのように登録をしたのかを写真(スクリーンショット)付きで解説します。

流して見てもらって、(これくらいの手間だったら登録してみようかな)と思えば登録してみてください。

ミイダスで市場分析をする

ミイダスの市場分析

市場分析の所用時間は11分でした。

市場分析は以下の4つのパートに分かれています。

  • プロフィール
  • 直近の会社の職歴
  • 直近の会社で身につけたスキル
  • 語学力や資格などのスキル

これらを入力し終わると冒頭の「選考条件に合致した企業数」と「類似オファー年収実績」が出て来ます。

次から次へと質問に回答をしていくのですが、文字入力をしなければならない場面は以下の4つ。

  • 大学名
  • 会社名
  • 取り扱い経験のある商材・サービス
  • 資格名

その他はすべて選択式でタップするだけなので非常に簡単です。

会社名を伏せることは設定で可能です。

プロフィール

1.1.1

こちらを選択すると以下の画面が出てきます。

ログインを選択します。

※表示される画面はアップデートにより変更する場合があります。
※被分析者・登録者の選択によっては本記事でご紹介する選択肢が出てこなかったり違う選択肢が出てくることがあります。

1.1.2

数秒待ちます。

1.1.3

あなたの性別を選択します。

1.1.4

生年月日を入力します。

1.1.5

第一言語(もっとも得意な言語)を選択します。

1.1.6

住んでいる都道府県を選択します。

1.1.7

この時点で選考条件に合致した企業数が59社、類似オファー年収実績444万円となりました。

最終学歴を選択します。

1.1.8

出身大学名を記入します。

1.1.9

出身大学の学部を選択します。

1.1.10

最終学歴の卒業年を選択します。

1.1.11

これまで6ヶ月以上の離職経験したことがあるかを選択します。

1.1.12

これまでの経験社数を選択します。

直近の会社の職歴

1.2.1

数秒待ちます。

1.2.2

現在の就業状況について選択します。

1.2.3

直近の会社の入社退社年月を選択します。

1.2.4

現在(または直近)の就業先会社名を記入します。

1.2.5

会社の業種を選択します。

業種によっては更に詳しい選択肢に進みます。

1.2.6

記入・選択内容を確認して問題なければ「次へ」を選択します。

1.2.7

会社の従業員数を選択します。

1.2.8

雇用形態を選択します。

1.2.9

役職を選択します。

1.2.10

年収を選択します。

直近の会社で身につけたスキル

1.3.1

数秒待ちます。

1.3.2

メインで経験した職種を選択します。

私は営業を選択しました。

1.3.3

職種について更に詳しく選択します。

1.3.4

法人営業と個人営業に関して選択します。

1.3.5

選択内容が間違いないかを確認し問題がなければ「次へ」を選択します。

1.3.6

担当顧客の規模(社員数)を選択します。

1.3.7

担当する顧客の業界を選択します。

1.3.8

担当顧客について選択します。

1.3.9

担当顧客について選択します。

1.3.10

営業スタイルについて選択します。

1.3.11

営業スタイルについて選択します。

1.3.12

海外営業経験について選択します。

1.3.13

代理店向け営業(パートナーセールス)の経験について選択します。

1.3.14

内勤営業の経験について選択します。

1.3.15

直近1年の営業目標達成率について選択します。

1.3.16

直近1年の営業成績の組織内順位について選択します。

1.3.17

取り扱い経験のある商材・サービスを選択します。

1.3.18

取り扱い経験のある商材・サービスを具体的に記入します。

文字を入力すると候補が出るので選択します。

候補になくても追加することが可能です。

1.3.19

取り扱い商材の単価を選択します。

1.3.20

マネジメント経験年数を選択します。

1.3.21

マネジメント経験人数を選択します。

語学力や資格などのスキル

1.4.1

数秒待ちます。

1.4.2

保有しているExcelスキルを選択します。

1.4.3

普通自動車免許の有無について選択します。

1.4.4

保有している資格を記入します。

1.4.5

分析が終了します。

アカウント登録

アカウント登録の所要時間は8分でした。

  • メールアドレス
  • パスワード
  • 電話番号

途中で希望のオファー条件を「今は設定しない」を選択したら登録にかかる時間を短縮することができます。

2.1

メールアドレスとパスワードを入力します。

2.2

認証コードの受け取り方法を選択します。

2.3

携帯電話番号を入力します。

2.4

SMSで認証コードが届きます。

2.5

認証コードを入力します。

2.6

あなたが公開したくない企業名を入力します。

あなたが今勤めている企業がミイダスを利用している可能性もあります。

2.7

「次へ」を選択します。

「今は設定しない」を選択したら短縮することができます。

2.8

希望する年収を選択します。

2.9

希望する勤務地域を選択します。

2.10

希望する職種を選択します。

2.11

更に詳しい希望する職種を選択します。

2.12

希望する企業規模を選択します。

2.13

希望する雇用形態を選択します。

2.14

これまで経験のある最大の離職期間を選択します。

2.15

特に自身のある職種とスキルを選択します。

2.16

あなたの転職意欲を選択します。

2.17

転職を検討している主な理由について選択します。

2.18

ユーザー登録が完了します。

2.19

アカウント画面に入ることが可能です。

最後に

タップだけで登録は簡単ですが、若干質問項目が多いようにも感じました。

まあ無料なんで文句は言えませんが。

しかしこのミイダス、非常に良いツールが揃っていると思います。

それだけにこの「類似ユーザーオファー年収実績」と実際にオファーが来る企業から提示される年収の平均と乖離があるのが勿体無い。

FAQでは「※あなたに届くオファー年収を保証するものではありません」とあるものの、ここまで読む人は少ないでしょう。

正直「類似ユーザーオファー年収実績」は客寄せパンダであって、実際にはあまり意味をなさない数字なのではないかと思っています。

言葉も分かりにくいし。

企業のページから第3者である日経バリューリサーチの業界分析レポートを読めるのはすごく良いと思います。

気になる企業が今は調子が良くても業界自体が右肩下がりでは先細りですからね。

適正チェックは結構しっかりしていて体感的には信頼できる結果が出ました。

これらを利用するだけでも登録する価値は有りです。

MIIDAS
公式ホームページ

※ミイダスの特徴などについては「最近話題の『ミイダス』を徹底解説!メリット、デメリット、特徴、口コミ、評判は?」をご覧ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「天職×転職」サイト管理人 しんすけ