2019年9月|採用担当者が解説!リクルートエージェントの口コミ評判|年収アップ、求人の質、特徴は?

The following two tabs change content below.

しんすけ

ブラック企業からホワイト企業に転職した経験を持ち、今は面接官も務めています。 求職者と採用担当者の両方の目線で求職者の悩みを解決し、転職サービスを客観的目線で評価します。

28万件以上の突出した求人件数で転職エージェント業界のトップに君臨するリクルートエージェント。

ありとあらゆる業界・職種・地域・年代・年収の求人を扱っており、全ての求職者が登録する価値のある転職エージェントです。

本記事ではリクルートエージェントを利用して転職した人100人にアンケートに回答してもらい、アンケートの結果を3つのメリットとデメリットにまとめて評価しました。

その結果がこちらです。

リクルートエージェント3つのメリット

  • 全ての業界・職種・年代・地域・の求人に強く、高年収の求人にも強い
  • 特化型転職エージェントよりも求人が充実している
  • 担当者(キャリアアドバイザー)が優秀

リクルートエージェント3つのデメリット

  • リクナビ内定率販売の件(2019年8月発覚)で信用が下がっている
  • フリーターや入社間もなく退職した第二新卒には向いていない
  • RAとCAに別れていることで応募する企業の内情が分からない場合がある

本記事ではこの結論に至った口コミ・評判について、採用担当者の目線で詳しく解説します。

またリクルートエージェントのホームページの求人検索機能を利用し、求人の質や年収などについても分析・評価します。

記事の後半では集めた口コミの一部を公開しています。

『リクルートエージェント』
公式サイト

リクルートエージェントの口コミ評判の総合評価

リクルートエージェントは口コミを募集すると他の転職エージェントよりも格段に早く100件集まりました。

求職者の多くはリクルートエージェントに軸足を置いて、必要に応じて他の転職エージェントにも登録していることが予想されます。

また中小の転職エージェントに見られるような、途中で連絡が取れなくなったり無理やり転職を勧めてくるようなキャリアアドバイザーの口コミが見当たらなかったのは、さすが大手のブランドです。

さてここからは3つのメリットとデメリットについて解説していきます。

個別の口コミは記事の後半にまとめて掲載していますので、興味のある方はご覧になってください。

リクルートエージェント3つのメリット

他社と大きく差をつけるダントツNo.1の求人件数に加えて求人の質も良く、担当者も優秀と、言うことなしの口コミが多かったのが印象的でした。

  • 全ての業界・職種・年代・地域・の求人に強く、高年収の求人にも強い
  • 特化型転職エージェントよりも求人が充実している
  • 担当者(キャリアアドバイザー)が優秀

全ての業界・職種・年代・地域・の求人に強く、高年収の求人にも強い

8割方の口コミでは希望する業界や職種での求人が紹介されています。

集まった口コミの中で希望する求人が紹介されなかったという内容のものはグランドスタッフ(空港での接客業務)のみでした。

20代から50代まで満遍なく利用者がおり、東北や四国地方など他の転職エージェントが手薄な地域でも十分な求人件数があり、それぞれの地域でのハイクラス求人も紹介されています。

紹介された求人に不満があったという口コミは見当たらず、リクルートグループの営業力に裏付けされた圧倒的求人件数が求職者のニーズを満たしていることが伺えます。

後述しますが、年収700万円以上の求人を10万件以上保有しています。

Mさん 32歳

Mさん 32歳

福岡 保険会社 営業職 320万円 →
福岡 広告代理店 企画・編集職 360万円

3社の転職エージェントへ登録しましたが、私が転職を希望する広告代理店の求人案件を最も数多く紹介してくれたのがリクルートエージェントでした。

転職エージェントは、会社によってそれぞれ得意の業界や分野があるように感じましたが、リクルートエージェントは幅広い業種や職種、企業の案件を網羅しているようで、案件情報の保有数や多彩さは、他の転職エージェントより頭ひとつ抜けていると思いました。

リクルートエージェントは、登録前に「担当がころころかわる」「担当に当たり外れがある」と聞いていましたが、私の担当はとても親身な対応をされる方で、こちらの意見にもしっかり傾聴してくれるタイプだったため「当たり」でした。

また、登録後の面接から転職完了まで1人の担当者が担当してくれたため、安心して落ち着いた転職活動が行えました。

特化型転職エージェントよりも求人が充実している

転職エージェントにはリクルートエージェントのような全ての業界・職種・地域・年代向けの求人を扱う総合型転職エージェントと、特定の業界・職種・地域・年代に特化した特化方転職エージェントがあります。

特化方転職エージェントは規模が小さい分特定の分野に強みを発揮するのですが、リクルートエージェントは特化方転職エージェントがある分野においても、特化方よりも質の良い求人を数多く取り揃えているようです。

特化型転職エージェントだと、特化しているジャンルの求人しか見ることができませんが、リクルートエージェントであれば特化したジャンルの求人を見ながら他のジャンルの求人も広く深く吟味することができます。

Yさん 39歳

Yさん 39歳

電機メーカー 営業職(課長) →
精密機器メーカー 営業職(課長)

両親の介護の問題があり、田舎の宮城県に帰ることになりました。

マイナビエージェントには東北に拠点がないことに驚きました。

仙台に拠点のあるリクルートエージェントとdoda、そして東北の転職に特化しているヒューレックスに登録しました。

リクルートエージェントは東北でも求人件数が多く、ヒューレックスは東北の事情に詳しかったもののリクルートエージェントの方が求人件数が圧倒的に多く年収も高いと感じ、最終的にリクルートエージェントにお世話になりました。

担当者(キャリアアドバイザー)が優秀

リクルートエージェントの担当者は求職者が求める求人を紹介するだけでは無く、求職者本人も気づいていない強みを見つけて組み合わせ、より光る人材に仕立て上げてくれている様子が伺えます。

詳しくは口コミ一覧をご覧いただければと思いますが、自分でも気づいていない強みを見いだせると、自分は関係ないと思っていたジャンルの求人もターゲットに入れることができます。

また求職者が転職する気でいても、今の会社に残る選択肢を残しているケースも見受けられました。

求職者が転職をして初めてリクルートエージェントの利益が発生するのですが、常に求職者のことを考えている姿勢がリクルートのブランドを保っているのかもしれません。

Eさん 34歳

Eさん 34歳

カーディーラー 営業 550万円 →
住宅設備機器 営業 500万円

10年以上自動車を個人に販売していましたが、わがままな個人客を一生相手にするのは嫌だと思い、家族(主に妻)を説得し、営業職以外への転職を希望し転職活動を始めました。

リクルートエージェントの他には工場求人ナビ、マイナビエージェントに登録をしました。

工場求人ナビでは顧客とのやりとりがほぼない仕事がたくさん見つかりましたが、年収がガタ落ちです。

リクルートエージェントとマイナビエージェントからも営業職以外の職種の求人をいくつか紹介してもらったのですが、リクルートエージェントから紹介された営業職と提案内容に引かれ応募を決意しました。

リクルートエージェント の担当者ははっきりと、私の年齢で全くの未経験業界・職種は年収が落ちるのは致し方なくお勧めできない、と言われ、比較的わがままなお客さんの少ない商品単価の安い商品を販売する営業職の求人を中心に紹介してくれました。

どうにか年収500万円代も保つことができました。

リクルートエージェント公式サイト

リクルートエージェント3つのデメリット

7月以前までは求人件数の多さや、運営会社の別サービスでカバーできるデメリットしかなかったのですが、8月に入りリクナビの内定率販売の問題が表面化し信用を落としているというのが今のリクルートエージェントの一番のデメリットです。

  • リクナビ内定率販売の件(2019年8月発覚)で信用が下がっている
  • フリーターや入社間もなく退職した第二新卒には向いていない
  • RAとCAに別れていることで応募する企業の内情が分からない場合がある

リクナビ内定率販売の件(2019年8月発覚)で信用が下がっている

2019年8月に人材業界に衝撃が走りました。

(株)リクルートキャリアの運営する学生受け就職サービスのリクナビが販売していた、学生の内定辞退率を予測して他社に販売するサービスが職業安定法に違反したと判断され、厚生労働省から東京労働局を通じて行政指導を受けたのです。

大学の中にはリクナビとの関係を見直す動きも出てきており、リクナビとその運営会社の(株)リクルートキャリアは信用を落としています。

リクルートエージェントの運営会社もリクナビと同じく(株)リクルートキャリアであり、このニュースを受けてリクルートエージェントの利用を控えた、という口コミが数件見受けられました。

今後企業の体質が改善されると予想と期待をしますが、現時点で(株)リクルートキャリアを信用できない人は他社の転職エージェントサービスに流れています。

2019年9月6日現在リクルートエージェントの利用者が著しく減ったという情報はなく、リクルートエージェント への影響は限定的なのかなと感じています。

もしリクナビの内定辞退率販売の問題で(株)リクルートキャリアが信用できないのであれば登録はしないでおきましょう。

Gさん 32歳

Gさん 32歳

東京都 IT企業 システムエンジニア → 神奈川県 建設会社 社内SE

もしかしたらリクルートエージェントの閲覧履歴や応募履歴を販売されている可能性がゼロではないと思い、就職活動でも利用したマイナビ系列のマイナビジョブ20’sを利用しました。

フリーターや入社間もなく退職した第二新卒には向いていない

フリーター経験しかなかったり、入社数日で退職した第二新卒の方には紹介できる求人が少ないようです。

リクルートエージェントは第二新卒を含む全ての年代向けの求人を扱っていますが、ここでいう第二新卒とはビジネスマナーを習得したり、業務を一通り経験している第二新卒です。

(株)リクルートキャリアは社会経験がほぼ無い求職者向けに「就職Shop」という就職エージェントを別途展開していますので、フリーターや入社数日で退職した第二新卒の方は「就職Shop」を利用しましょう。


Tさん 21歳 飲食店 ホールスタッフ → 中堅電機メーカー 営業

専門学校卒業以来アルバイトをしていたブラジル料理店で働いていましたが、親や周囲の目が気になり就職活動を始めました。

訳も分からず始めた就職活動で、リクルートエージェントと就職Shopとウズキャリに登録しました。

リクルートエージェントから電話があった時に、紹介できる求人がすごく限られてしまうことと、すでに登録している就職Shopの方が私にあった求人があると教えてもらいました。

後日就職Shopの面談に行った際にリクルートエージェントと就職Shopの看板が同じフロアにあることも確認し、同じ会社が運営していることを知りました。

RAとCAに別れていることがデメリットになることがある

リクルートエージェントは採用を検討している企業を担当するRA(リクルーティングアドバイザー)と求職者を担当するCA(キャリアアドバイザー)に担当が分かれています。

これはリクルートエージェントとしては効率が良いのですが、求職者からすると担当者であるキャリアアドバイザーが紹介してきた求人のことを、キャリアアドバイザー自身がどこまで理解しているのか不安になることがあるようです。

他の転職エージェント、特に中小の転職エージェントでは企業と求職者の担当を一人の人間が担っており、より良いマッチングを謳っている場合もあります。

※リクルートエージェントの採用企業向けページ

Iさん 39歳

Iさん 39歳

リクルートエージェントと東京のハイクラス専門の転職エージェントを利用したのですが、明らかに東京の転職エージェントの方が求人の内容についてご存知でした。

担当者の話を聞いているだけで会ったことがない企業の採用担当者の考えがよく分かり、面接に行った時は初めてお会いしたのにすでに仕事におけるお互いを理解している状態で話をすることができました。

一方リクルートエージェントの担当者は転職に関する知識と経験はお持ちでしたが、求人の具体的内容になると、「会ったことがないんだろうな」と思われるものがいくつかありました

リクルートエージェントの求人の質と年収アップ

リクルートエージェントの総求人件数は284,906件で、求人件数2位のdodaの約倍、3位のパソナキャリアの7倍以上であり、大手7サービスの求人件数の約半分をリクルートエージェントが占めています。

求人件数だけで見ると、リクルートエージェントに登録するだけでdoda以下の6社に登録するのと同じだけの求人件数にアクセスできるということになります。

リクルートエージェントのホームページの求人検索機能を利用して集計した結果をグラフ化しました。※2019年9月6日調べ

それぞれのグラフについてコメントします。

地域別求人件数

東京を中心とした関東、大阪を中心とした関西、名古屋を中心とした東海と、転職需要の多い地域の求人が充実しています。

グラフで見ると北海道、東北、中国・四国、九州が少なく見えますが、北海道だけでも5,136件、東北、中国・四国、九州はそれぞれ1万件以上と十分な求人件数を保有しており、地域特化型の転職エージェントよりも多い数字となります。

都市部でも地方でも転職するのであればリクルートエージェントには登録をしておくのがおすすめです。

業界別求人件数

比較的年収の高いシステムエンジニアやプログラマーの求人に力を入れていることもあり、「IT・通信業界」「Web・インターネット業界」の求人が多く、業界に精通したキャリアアドバイザーも揃ってます。

一番少ない物流業界でも2,400件以上の求人があり、物流専門の転職エージェントよりも多くなっています。

IT、製造業、物流など各業界特化の転職エージェントは多数ありますが、リクルートエージェントの求人も数が多いため登録する価値は十分にあります。

職種別求人件数

「SE・ITエンジニア」が最も多く全体の24.5%、「営業・販売・カスタマーサービス」が次に多く23.7%、「エンジニア(設計・生産技術・品質管理)」が11.7%でエンジニア系が多いことが、リクルートエージェントの求人の年収が高い傾向にある原因の一つであることが分かります。

こだわり条件別求人件数

こだわり条件については、他の転職エージェントに比べて細かく分かれていません。

様々なこだわり条件がありますが、細かい条件で求人を探すのであればリクルートエージェントに登録をしてキャリアアドバイザーに直接相談をした方が早くなります。

年収別求人件数

年収は300万円台から1000万円以上まで幅広く取り揃えられており、年収アップも期待できます。

特筆すべきは年収700万円以上の求人だけでも10万件以上、1000万円以上の求人だけでも3万件以上あるということです。

先述の通りIT系エンジニアの求人が多いことが原因の一つではありますが、海外勤務やエグゼクティブのポジションの求人も多数扱っています。

ハイクラスの転職であってもリクルートエージェントは一見の価値ありです。

リクルートエージェント公式サイト

リクルートエージェントの口コミ一覧

口コミ評判まとめの元となった口コミを年代別に一部公開し、それぞれの年代別に評価・コメントします。

コメントを寄せてくださった方はリクルートエージェントに登録をした方であり、全てがリクルートエージェントをい利用して転職をした人ではありません。

20代前半の口コミ評判

Oさん 22歳

Oさん 22歳
大阪府 繊維メーカー 事務職 →
大阪府 繊維商社 事務職

女性の人間関係が大変な職場で、一生その環境で仕事をしていくのが嫌だと思い転職を決意しました。

リクルートエージェントでは女性の担当者が親身に悩みを聞いてくれ、事前に職場見学ができる求人やOG訪問ができる求人を紹介してくれました。

Mさん 22歳

Mさん 22歳

千葉 航空業界 グランドスタッフ →
東京 航空業界 グランドスタッフ

リクルートエージェント、マイナビ転職、リクナビNEXTに登録を致しました。

マイナビやリクナビNEXTからは毎日何件もメールやスカウトメッセージなどが届くのですが、リクルートエージェントはそのようなしつこくメッセージが来ることは無かったです。

ただ、リクルートエージェント登録後、電話がかかってきて話してみると「航空業界のお仕事はご紹介できるものが今ない」という連絡後全く連絡が来なくなってしまったので、航空業界には疎いのかな?と思い、20代専門の転職エージェントで転職をしました。

Kさん 23歳

Kさん 23歳
兵庫県 大手電機メーカー 購買 280万円 →
大阪府 中堅産業機器メーカー 営業職 330万円

営業部希望だったのが購買部に配属され、次の配置換えがいつかも分からなかったので20代向け転職エージェントに登録しました。

しかしその転職エージェントは、「この会社がいいですよ!」と根拠もなく求人を進めてきて私のことを考えてくれているとは思えなかったので、使うのをやめました。

その後リクルートエージェントとマイナビエージェントを利用したのですが、リクルートエージェントの担当者の方がより自分にマッチした求人を紹介してくれるだけではなく、私が社会人として欠落している部分までも指摘してもらえたのが良かったです。

また転職したのはニッチな産業用機械を扱う会社で、利益率が高く、世界でもかなりのシェアを持つ会社でした。

最初は「営業がしたい!」と思って始めた転職活動でしたが、思いの外年収がいい会社でびっくりしています。

仕事は鬼のように忙しいですが、名だたる企業を担当させてもらい、将来的には海外勤務の可能性もあり、やりがいを感じて仕事をしています。

Kさん 24歳

Kさん 24歳

千葉 生命保険 営業職 280万円 →
千葉 IT SE 340万円

あまり急がず気長に転職活動をしようと思い、登録をしました。

リクルートエージェントの電話面談では、業界の流れや自分自身の強み、エントリーシートの書き方を担当者から教えていただき、勉強になりました。

しかし、エントリーシートは10社送って1社か2社ほど面接に進めると言われていたのに、結果としては7割ほどが書類選考に通ってしまい、在職中だったのでスケジュール調整が大変でした。

Oさん 24歳

Oさん 24歳
埼玉県 野菜商社 事務職 240万円 →
埼玉県 健康食品会社 事務職 250万円

リクルートエージェントと女性専用のリブズキャリア両方に登録したのですが、リブズキャリアで転職しました。

リクルートエージェントよりもリブズキャリアのキャリアアドバイザーの方が気が合い、いつの間にかリクルートエージェント は連絡を取らなくなっていました。

Hさん 24歳

Hさん 24歳
東京 機械商社 営業 280万円 →
東京 製薬会社 社内SE 300万円

ブラック企業で2年働き、3年経とうとするときに思い立って転職することに決めました。

どのとき登録したのはGEEK JOBとリクルートエージェントとdodaの3つです。

リクルートエージェントもdodaもお互いの進捗状況をよく聞いてきましたが、私は結局一旦会社を辞めてGEEK JOBでプログラミングを学んでSEになる道を選びました。

ブラック企業を経験した後に同じような業界や職種に転職する気になれず手に職が欲しかったためです。

【20代前半口コミ評判の評価】

口コミからは、リクルートエージェントのキャリアアドバイザーが求職者一人一人に合わせて、やりがいであったり、ワークライフバランスであったり、良好な人間関係を築けるであろう求人を紹介していることが分かります。

また担当者の合う合わないによって他社を利用している様子も確認できました。

20代前半の転職理由のほとんどはミスマッチで以下のような理由が退職理由です。

  • ブラック企業に入社してしまった
  • 人間関係を続けていける自信がない
  • 入社したものの仕事内容が思い描いたものとかけ離れていた

原因は、運悪くブラック企業に入社してしまった、就職活動でのリサーチが不十分だった、ことなどが挙げられます。

当サイトに集まった口コミからは年収の向上よりも、やりがいや人言関係が改善された転職が多く見受けられました。

まだ社会経験無い学生が自分に合った求人を見分けることが困難なのと、社会経験の少ない20代では大きな年収アップは期待できないのは当然です。

リクルートエージェントには「第二新卒歓迎」で3,547件、「未経験でも可」では54,586件(公開求人:28,784件、公開求人:25,802件)もの求人があります。※2019年9月6日調べ

第二新卒専用の転職エージェントの求人件数は非公開、公開している場合でも最多で3,000件程度です。

「第二新卒歓迎」の3,547件という数字だけを見ても、第二新卒専用の転職エージェントの求人件数に匹敵しますので、20代前半でも十分に利用する価値はあります。

第二新卒専用の転職エージェントは数多く存在しており、それぞれが独自のサービスを打ち出していますので、リクルートエージェントと合わせて1~2つ登録しておくと良いでしょう。

20代後半の口コミ評判

Sさん 25歳

Sさん 25歳

奈良 サービス業 販売員 220万円 →
奈良 酪農 牧場スタッフ 220万円

今よりもっと自分にあった職場はあるだろうか?という気持ちで始めた転職活動でしたが、リクルートエージェントの求人でたまたま、前の職場より近く、好きを仕事にできる職場を見つけることが出来ました。

担当者には、色々とアドバイスまでして頂けたのでとても転職に向けた就職活動がスムーズに進めれました。

今では、リクルートエージェントで天職を見つけれた!!

と思っています。

Kさん 27歳

Kさん 27歳

東京 IT業界 経理アシスタント 250万円 →
東京 人材業界 300万円

『リクルートエージェント』を利用した感想としては、面接で注意する点の資料と履歴書などの書類添削をしてくれる点がとても良かった。

自分の希望職種の求人の配信をして頂けることも他のエージェントよりも良い点だと思います。

いつ頃に、転職をした方が良いのかなどのアドバイスがあり、参考にしてみようと思った。何に重きを置いて転職活動をすれば良いかがわかった。

Sさん 28歳

Sさん 28歳

大手電機メーカー 総務部 転職せず

仕事にやりがいを見出せず、転職を検討してリクルートエージェントに登録をしました。

すると担当者から教えてもらったのは、私の会社は他の会社と比べて年収も福利厚生も休日取得率も良いということ。

転職することはほぼ確実に労働条件が悪くなるということでした。

やりがいを求めて年収が下がったり、労働時間が長くなったりして本当に自分が満足なのかをよく考え、今の会社に残ることを選択しました。

リクルートエージェントには無理に転職を勧められず、感謝しています。

Hさん 28歳

Hさん 28歳

機械商社 営業職 330万円 →
電子部品商社 営業職 350万円

新卒で入社したのは個人事業主に機械を販売する商社のような会社でしたが、典型的ブラック企業でした。

30歳になる前に転職しないと転職自体できなくなると思い、リクルートエージェントに登録しました。

友人からはリクナビの問題で信用できるのかと言われましたが、転職にはあまり関係ないだろうと私は特に気になりませんでした。

というか登録するときにはそんなこと頭によぎりませんでした。

私は普通の会社で営業だったら何でも良いと思ったのですが、リクルートエージェントのキャリアアドバイザーは私の強みを引き出して私の強みが発揮できる求人を探してくれました。

具体的時は私が理工学部の電子工学科を卒業していることに着目し、そこに営業経験6年を付け足して、電子部品商社を紹介してくれたのです。

Iさん 28歳

Iさん 28歳
東京 電機メーカー 営業職 400万円 →
東京 医療機械メーカー 営業職 500万円

求人数が圧倒的に多く、情報量やスピード感も他社よりも圧倒的に上でした。

dodaも使用していたのですが、リクルートエージェントの方が勝っていました。案件は1日約3件、求人の詳細もボリュームがありました。

仕事をしながら転職活動をしていたのですが、求人数が多く、ワクワク感が止まらず、本業の仕事のモチベーションも上がりました。

dodaも同じ求人を送ってくるのですが、1週間とか遅れたタイミングでした。

Sさん 29歳

Sさん 29歳

兵庫 ダイカスト業界 技術職 350万 →
兵庫 産業機器 技術職 450万

マイナビエージェントとリクルートエージェントを登録し、どちらも担当の方は良くしてくれました。

いざ面接を行うといった際にリクルートエージェントは面接のポイントや実践練習等を電話でも対応していただきました。

こちらの予定にも合わせて頂け、すごく助かりました。お陰様で2社の内定まで頂き企業を選ぶこともできました。

Uさん 29歳

Uさん 29歳

東京 エンタメ業界 企画職 480万 → 愛知 エンタメ業界 企画職 490万

初めての転職だったので最大手だと思われるリクルートエージェントを選びました。

それぞれに専任の担当者が付くため私のことを深く理解した上で、各企業に売り込みをしてくれました。

給与は微増でしたが、労働時間が大幅に減ったため実質、給与アップしたようなものだと考えるようにしていますw

また何よりも、最終面接前に先方企業が私に対して好印象であることを事前に教えてくれたため余裕をもって面接に臨むことが出来ました。

今思えば私に自信をつけさせるための方便だったかもしれませんが、自分の担当する人間の性格を分析し応対する方法を変えていたのだと考えると、やはり優秀な担当者だったのだと思います。

【20代後半口コミ評判の評価】

未経験業界や職種へのチャレンジでも、リクルートエージェントのキャリアアドバイザーは求職者本人が気づいていない強みを引き出して組み合わせることにより、転職を成功させています。

また転職をしないという選択肢も求職者本人に忘れさせない、という素晴らしい姿勢のキャリアアドバイザーもいるようですね。

リクルートエージェントには多くのキャリアアドバイザーがいるので全員が求職者のことを第一に考えているかどうかは確認できませんが、少なくとも中小の転職エージェントにたまに見られるような途中から連絡が取れなくなるような担当者の口コミは確認できませんでした。

リクルートエージェントのメインユーザーは20代後半〜40代の年収400〜600万円のホワイトカラーです。

このあたりの年代からぐんと転職者の数も跳ね上がります。

人間関係の悩みで転職をしたいという人が多いのはどの年代にも共通していますが、石の上にも3年でとりあえず3年以上勤めてきた人、30歳を手前に未経験の業界や職種にチャレンジしたい人が出てくるのが20代後半の特徴です。

20代後半になると、20代前半と同じような転職理由に加えて、自分を試してみたい、もっと良い条件の会社へ、という転職理由が出てきます。

30代前半の口コミ評判

Kさん 30歳

Kさん 30歳

女性 茨城 金融 人事職 550万円 →
茨城 金融 人事職 550万円

初めての転職活動だったため活動開始前は不安が大きかったが、担当のキャリアカウンセラーの方から様々なアドバイスをもらうことが出来、少しずつ不安は解消された。

その後、とある企業から内定をいただくことが出来、明らかにオファー内容が希望条件を下回る条件だったものの、なぜ内定を承諾しないかと高圧的に言われ、自身の成果を重視している様子が垣間見えてしまいショックだった。

とはいえ、その後希望通りの条件で転職活動を終了できたため概ね満足している。

Tさん 34歳

Tさん 34歳
東京 人材業界 営業職 600万 →
東京 IT 営業職 600万

リクルートエージェントと他社2社の合計3社を利用させて頂きました。

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーの方と面談を実施しましたが、現在の転職市場や、業界の動向等の詳細を説明してくださりました。

また、私の希望条件にあった求人を紹介してくださり、時間もあまりかからずに転職が決まりました。

時間がない中、転職活動を始めましたが、(10月下旬頃から初めて、年内には決めたかった)非常に親身になって相談に乗ってくださり、最後までフォローして頂きました。

リクルートエージェントさんと担当キャリアアドバイザーには感謝しております。

【30代前半の口コミ評判の評価】

リクルートエージェントの担当者の質の良さや求人の多さが目立つ口コミが多く集まりました。

保険の営業から広告代理店の企画・編集に転職したケースや家族を持つ身の方では可能な限り年収を下げずに労働環境を改善したケースではキャリアアドバイザーの質に加え、求人件数の多さも

30代以降はリクルートエージェントやdoda、マイナビエージェントやパソナキャリアなど大手の転職エージェントが最も力を入れている転職市場のボリュームゾーンです。

ビジネスもベテランの域に達し、複数の転職エージェントを利用し競合させる術を知っている人がほとんどです。

30代後半の口コミ評判

Uさん 35歳

Uさん 35歳

化学品メーカー 営業職 500万円 →
化学品商社 営業職 530万円

前職では海外勤務を希望していたものの、30代半ばになってしまい、海外勤務の可能性が全く見えてこなかったため転職を検討しました。

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーに教えていただいたのは、海外勤務に対する意識が会社によって全く違うということ。

私の前職のように海外転勤に行列ができている会社もあれば、みんな嫌がって海外勤務者は毎回社外から採用する会社があるということでした。

転職の方が転勤できる国も選べるような状態で私にとっては願ったり叶ったりで、転職に関しては本当に話を聞いてみないとわからないものだと思いました。


Oさん 37歳 地場商社 営業職 550万円 → 機械商社 営業職 600万円

どれだけ個人で成績を上げても会社の業績が悪いため昇給にもボーナスにも結びつかず、ボーナスが1ヶ月分を切った時に転職を検討しました。

転職を検討といっても30代後半でしたので、まずは5社に登録し情報収拾のみに徹しました。

そこで気付いたのは意外と年収アップは難しくないどころか、私の年齢とキャリアであればハイクラス転職が狙えるということでした。

リクルートエージェントは一般転職のイメージが強かったのですが、意外と高年収の求人も多く、ハイクラス専門の転職エージェントよりも求人件数は多いとのことでした。

結果私はリクルートエージェント に紹介してもらったEVや電池関連に強い機械商社に転職することができました。

【30代後半の口コミ評判の評価】

求人件数の多さやハイクラスにも強いとく、求人件数がただ多いわけではなく量と質を兼ね備えておることを裏付ける結果となりました。

ボリュームゾーンである30代の一般転職はdodaやマイナビエージェントやパソナキャリア、ハイクラスの転職はJACリクルートメントやランスタッド、クライス&カンパニーなどの転職エージェントを併用しているケースがほとんどです。

多くの求職者はとりあえずリクルートエージェントに登録をしておいて、他の転職エージェントにも必要に応じて登録をするような使い方をする場合が多いようです。

リクルートエージェントには年収700万円以上が10万件以上、1000万円以上も3万件以上とハイクラス専門の転職エージェントも顔負けです。

また30代後半になると転職なんて頭に無かったものの家庭や会社の状況が大きく代わり転職せざるを得なくなったケースや、最後の転職と思いダメもとで情報収拾をしてみるケースなどが出てきました。

40代の口コミ評判

Hさん 41歳

Hさん 41歳

建設会社 総務部(部長) →
建設会社 総務部(部長代理)

会社の上層部が入れ替わり、新しい方針に付いていけず転職を検討することになりました。

リクルートエージェントとJACリクルートメントに登録をして検討した結果、リクルートエージェントに紹介してもらった同じ業界の中堅どころに転職することが決まりました。

私が大手建設会社で培った総務部でのノウハウと経験を評価してくださり、感謝しています。

【40代の口コミ評判の評価】

40代以上での転職は時間がかかりますが、リクルートエージェント の求人件数の多さから比較的早く決まるケースが見受けられました。

とはいえ40代以上の転職は、原則として時間がかかるものとして取り掛かる必要があります。

最後に

転職エージェントや転職サイトがあまりに多くてどれを選んでいいのか分からなくなってしまいがちですが、リクルートエージェントは確実に登録しておくべきと断言できます。

1社に登録するだけで28万件もの求人にアクセスできて、さらに質もいいとなれば利用せざるを得ません。

転職の際にはリクルートエージェントに軸足を置いておいて、必要に応じて他社にも登録をしましょう。

転職エージェントに登録をしてしまえば転職活動は意外とすんなりと動き出し数ヶ月後には新しい職場ということもあります。

しかし登録しなければ今日と同じ明日や1年後がやってくるかもしれません。

あなたの理想の社会人生活を獲得するためにもまずはリクルートエージェント への登録をお勧めします。

あなたの転職活動が成功することを祈っています。

リクルートエージェント公式サイト

最後までご覧いただきありがとうございました。

「天職×転職」サイト管理人 しんすけ