もう耐えられない!人間関係が嫌で仕事を辞めたい時に考えるべき5つのこと

The following two tabs change content below.

サイト管理人しんすけ

ブラック企業からホワイト企業に転職した経験を持ち、今は面接官も務めています。 求職者と採用担当者の両方の目線で求職者の悩みを解決し、転職サービスを客観的目線で評価します。

人間関係が原因で退職するのは逃げではありません。

  • パワハラ・セクハラがある
  • 毎日のように飲み会に付き合わされる
  • 派閥がある
  • 明らかにえこひいきがあ
  • 絶対的な権力のあるワンマン社長がいる
  • そもそもブラック会社である

など人間関係で悩んでいる人は多いと思います。

「人間関係の悩みはどの会社に行ってもあることかな?」、「転職してまた同じような事があったらまた転職を繰り返すのかな?」などネガティブな思いが駆け巡ります。

でも人間関係がどうなるかなんて転職してみないと分かりません。

辞めなければ今のまま、転職したら変わるかもしれないのです。

実は退職理由は何らかの人間関係が原因である事が一番多いのです。

自分が壊れてしまっては元も子もありませんし、良好な人間関係の中で仕事をするに越したことはありません。

仕事は修行ではなく、世の中のニーズに応えるものです。

人間関係に正解はありません。

その悩みが甘えでなければ転職を検討してもいいんです。

しかし退職の際は、あまりに感情的になり次を決めずに退職せず、転職活動を行なって次の会社を見つけてから退職するようにしましょう。

本記事は人間関係が嫌で会社を辞めたいと考えている人に向けて、退職する前に考えておくべきことを5つのまとめてお伝えします。

①転職しても新たな人間関係ができる

会社は人間が構成しているものですからどうしても人間関係はつきものです。

言うまでもないような当たり前のことですが。

本来人間は社会的生物で人との関係無しには生きていけません。

社会的生物であるがゆえに誰かに褒められたい、認められたい、怒られたくない、などの感情は誰しも湧いてきます。

これが単独で生きていく猫のような生き物であれば褒められたいなど考えたこともないでしょう。

今特に仕事での人間関係が嫌だなって思っているんですよね?

その人が会社の社風に染まっていて仕事の上でその人が苦手なのか、それとも会社関係なくその人の性格や人間性が苦手なのか。

前者であればその会社に長くいても同じような人が上司についたり同僚にいたりと同じような人が常につきまとうでしょう。

わたしがブラック企業に勤めていたときはこのパターンでした。その人が苦手ではなく会社の嫌な面がその人を通して出てきているのです。

後者の場合は部署や事業所が変われば変わる可能性があります。

転職の前に配置換えを希望したら解決してしまうかもしれませんね。

配置換えをしてもその苦手な人は社内にいるのでどこかで繋がりはできてしまいますが、同じ社内でも部署が違えば以外と関係は薄れるものです。

転職という大きな労力を使わなくてもいいかもしれません。

さて前者のパターンに戻りますが、これは人が嫌なわけではなくもう会社が嫌になってしまっています。

これは転職しかないかもしれません。

しかしこの場合違う社風の会社を選べばいいのですから、入ってからしかわからない未来の上司よりかはまだ予測がつきます。

人間関係が良い会社では、人と人が仕事で協力し合い、過度な干渉はせず適度な距離を保っています。

これは理想の状態ではなく、このような会社が実際に数多くあるのです。

普段はこのような状態で、たまに不注意やいき過ぎた発言、立ち振る舞いが問題となる場合はありますが、日常的に精神衛生上よくない状態が続くことはありません。

あなたの勤めている会社はいかがですか?

転職の際に転職エージェントに入念な相談をすれば100%ではなくとも希望を持って今までとは違うであろう会社への転職が可能でしょう。

②人間関係がドライな会社もある

会社によっては仕事さえしていればOKと言うようなドライな関係の会社もあります。

それを事前に見分けるのはなかなか難しいですよね。

でも転職の際に転職エージェントを利用すればできる範囲で希望を叶えてくれるかもしれません。

人間関係ゼロの会社はありませんが、部活や社員旅行、社内行事が無い会社、皆定時で帰宅しており仕事以外干渉がない会社など、そのような要望を出す求職者はあなただけではないはずです。

転職エージェントは様々な業界からの求人を扱っていますので、それぞれの業界や会社について教えてもらいましょう。

無理を承知で転職エージェントに聞くと意外と人間関係がドライな会社はあるものかもしれません。

③一人でできる仕事も今の時代にはある

本当に人間関係をゼロにしたくて会社を辞めたいのであれば個人事業で独立すると言う手段もあります。

今までの社会経験を生かして自分で事業を立ち上げたり、パソコン1台でネットビジネスを起こし生計を立てている人はたくさんいます。

事業を起こす理由が人間関係が嫌だから、というのはちょっとネガティブな理由ではありますが実際にそのような理由で個人事業を立ち上げて整形を立てている人はいます。

しかし1人で事業を立ち上げるというのはなかなか孤独な作業であり、どれだけ人間関係を立ちたいと望んでいた人でも孤独感にさいなまされます。

相当の覚悟と一定期間無収入でやっていけるだけの生活費の確保が必要です。

④精神と体を病むくらいなら辞めたほうがマシ

会社を辞めてどうするの?

今の時代転職も厳しいよ?

そう言われても結果的に心身を病むくらいであればまず会社を辞めてしまえばいいと思います。

心身を壊してしまえば仕事どころではありません。

まだ心身がある程度健康で無職の方がよっぽどマシです。次につなぐことができるからです。

心身を壊してしまっては心身を治すことが優先事項になってしまいます。

体だけであれば時間でどうにかなあおるかもしれませんが心を病んだ場合はそう簡単にはいきません。

心が弱っていると、自分は弱っているから何もできない、何もしなくてもいい、みたいな免罪符を得たような気分になったりもします。

他人から見たら完全に殻にこもって怖くて外を見ようともしていない状態です。こんな状態になってしまうと気が付けば数ヶ月、数年も経ってしまうことだってあるのです。

そうなるくらいだったら辞めてしまいましょう。

でもそんな域にはまだ行っていないよ、というのであればまだ踏ん張りどきなのかもしれません

。いまの会社で頑張るのも一つですし、在職品がら転職活動をするのも一つの手段です。

病んでいないのに嫌なことがあるので病んでいることにして仕事を辞めると本当に病んでしまいますよ。

⑤あなたが転職できる良い会社はある

人間関係が嫌で会社を辞めたいと思っているあなたの心は正常です。

世の中に平均的な人はいません。

誰しも何かしら秀でているところがあって何かしら劣っているところがあります。

たまたま入社した会社が運悪くあなたに合わなかったのかもしれません。

そしてその答えは誰にも分かりません。

ただ一つわかるのは何もしなければ今日と同じ明日が来てそれが続いていくということ。

それが嫌なのであれば転職しかありません。

日本には400万を越す会社があり、世界に目を向ければ2億を越す会社があります。

これらの中にあなたに合っている会社はきっとあります。

でもいきなり転職と言われても戸惑いますよね?

ではまずプチ転職活動から初めてみましょう。

今の会社にとどまることも選択肢として残した上での転職活動です。

あなたが手に持っているスマホで求人情報を探してみましょう。

世の中にどんな会社、職業、待遇があるのかを確認するのです。

以外とあなたが応募できるところで良い会社があるかもしれません。

ちょっと転職に興味が出たら転職エージェントに登録してみましょう。

転職エージェントには日本中から求人と求職者が集まっています。

転職エージェントはその中からベストマッチとなるペアを常に探しているのです。

もしかしたら、この会社が欲しがっている人材がなかなかいないな〜、と思っているところにあなたが転職エージェントに登録したら、この人だ!、となるかもしれません。

それもこれもまずは転職エージェントに登録してからでなければ分かりません。

※日本最多の求人件数を誇るリクルートエージェントについて、こちらの記事で詳しく解説しています。

最後に

私が勤めていたブラック会社では30代以上の社員はほぼブラックな社風に染まっていました。

怒鳴られてもその人に言われている気がしません。

会社がその人を通じて怒鳴って来ている感じです。

そんなふうにだけはなりたくありませんでした。

会社って別名法人と言いますよね?あれは、会社は法律上人とみなす、という意味なんです。

ある意味会社との関係も人間関係なんです。

会社との人間関係を立つには転職しかなかったので私は転職を選びました。

あなたはどうしますか?