ブラック企業に勤めている彼氏を転職させたい時に彼女が取るべき3つの行動

将来は結婚も考えている彼氏がどうやらブラック企業に勤めているようで会う時間も少ない。

このまま彼氏がブラック企業に勤め続けるんだったら別れも現実的になってきてしまう。

そんな事態を避けるために彼女にできることはあるんだろうか。

あなたはそんな思いでこのページにたどり着いたんじゃないでしょうか。

結婚ばかりは愛だけでどうにかなる問題ではありませんよね。

少ない収入、長い勤務時間、ろくな福利厚生も無い会社に勤めている彼氏と結婚すると後々の人生は厳しいものになるのは目に見えています。

でもそこを除けば大好きなんですよね?

じゃあ彼氏をいい会社に転職させちゃえばいいんです。

もちろん転職はそんなに簡単なことじゃありません。

でも段階を踏めばいい会社に転職させることができるかもしれません。

あなたがきっかけを与えさえすれば。

彼氏の会社がブラック会社か確認する

まずは彼氏の会社が本当にブラックなのかを確認しましょう。

ちなみにブラック会社とは特に定義がありません。

厚生労働省もブラック企業について定義はしていませんが一般的な特徴として以下のようなものがあるとしています。

①労働者に対し極端な長時間労働やノルマを課す
②賃金不払残業やパワーハラスメントが横行するなど企業全体のコンプライアンス意識が低い
③このような状況下で労働者に対して過度の選別を行う

ちょっと分かりにくいかもしれませんね。

実は私はブラック企業で働いていたのですが、全て思い当たる経験があるので、具体的に例を挙げてみます。

①労働者に対し極端な長時間労働やノルマを課す

  • 本来勤務時間は9時〜17時と決められているのに毎日遅くまでサービス残業をしている。
  • 売上ノルマさえ達成していれば定時に帰っても誰も文句は言わないよ、という社風がある。逆にいえばノルマを達成していなければ帰れない。

②賃金不払残業やパワーハラスメントが横行するなど企業全体のコンプライアンス意識が低い

  • 土日に会議が行われる
  • 来月の売上になるはずの案件を今月売り上げたのこにして架空の売り上げを作る

③このような状況下で労働者に対して過度の選別を行う

  • 特定の一人を他の社員がいる中で長時間叱る

このような状況であればブラック企業である可能性は極めて高くなります。

会社で働くということは労働者は時間を会社に切り売りしているということです。

それを不当に搾取されるということは彼氏の時間だけではなく将来結婚するあなたの時間も搾取されるということです。

ではあなたの彼氏が本当にブラック企業なのかどうかということをどうやって判断したらいいのか。

それはまず彼氏の愚痴を聞くことから始めてください。

彼氏のグチどどんどん引き出しそれが上記にある一般的な特徴に当てはまっているのか。

それでまずはブラック企業かどうか想像がつきます。

しかしそれは彼氏とあなたの主観に基づく判断になります。

ブラックかどうかを判断するには客観的な視点も必要です。

どうやらブラック企業かもしれないと疑いが出たら次は日本の他の企業と数字で比較してみましょう。

厚生労働省では業界、年代、性別などの収入や労働時間のデータを集計してホームページで公開しています。

彼氏の業界で彼氏の歳であればどれくらいの労働時間でどれくらいの年収なのかを数字で比較します。

それで平均値よりも年収が少なく労働時間が長ければブラック企業であるか、業界の中でも業績が悪いか、もしくはそのどちらも当てはまるかもしれないということになります。
厚生労働省の公開しているデータのリンクを以下に貼っておきます。

他にも様々なデータがあるので興味のあるデータを確認してみてください。

二人のライフプランを考える

なかなか彼女の方から、いつ結婚する?、なんて言いにくいですよね。

でも将来を誓い合っているほどの仲なのであれば結婚を口に出さなくとも話し合えばこのままではいけないという結論が出るはずです。

子供の人数、どんな学校に入れたいのか、どこにすみたいのか、どんな家にすみたいのか、どんな生活がしたいのか。

色々話し合っているとブラック企業のライフサイクルとお給料ではやっていけないことが分かるでしょう。

二人の未来のために一度時間をとって真剣に将来のことを話し合ってみてください。

彼氏の会社がブラック企業であるという結論が出たのであれば将来は明るくありません。

いつか転職するではいけません。

すぐにでも転職活動を開始すべきです。

ブラック企業にいればいるほど時間とお金を搾取されてしまいます。

経験を積むよりもやみくもに資格を取るよりも転職活動を今開始すれば、彼氏は2ヶ月後には良い環境で明るく希望を持って仕事をしているかもしれません。

転職活動を助ける

すぐに転職活動を開始すると言っても、ブラック企業に務めている彼氏はなかなか時間が取れませんよね?

あなたも色々あって忙しいとは思いますが、もし彼氏よりも自由な時間が多いのであれば少し助けてあげてください。

転職活動は本人が本腰を入れなければ進みませんが、転職活動の最初に限ってはお手伝いすることができます。

それはまずネット上にある求人情報を確認すること。

スマホ1台あれば登録などをせずとも募集要項を確認できる転職サービスはたくさんあります。

彼氏の持つ経験やスキルでどのような待遇の会社に転職できる可能性があるのか調べてあげます。

もちろんやりがいも重要ですので、年収と勤務時間だけで転職先は選べませんが、彼氏の転職へのやる気は引き出せるかもしれません。

収集した情報を彼氏に伝えて彼氏が転職に意欲を燃やしたらすかさず転職エージェントへの登録に促しましょう。

ハローワークでも転職サイトでもなく転職エージェントです。

転職エージェントはキャリアアドバイザーと呼ばれる担当者が求職者につき、転職エージェントが持つ求人の中から求職者に適切な企業を紹介してくれるサービスを展開している転職サービスです。

ハローワークは企業が求人を掲載する際の費用が無料のため人材確保にお金をかけたがらないブラック企業が募集をかけている場合があります。

転職サイトは担当者が付かず、中長期目線で転職を考えている人向けです。

また企業側の利用料が安い中小の転職エージェントもブラック企業の求人がある可能性があるので、比較的企業側の利用料が高い大手の転職エージェントを利用します。

転職エージェントに登録するとキャリアアドバイザーからキュ食者に電話やメールで連絡がきて打ち合わせ(カウンセリング)を行うこととなります。

そこで求職者の経験やスキル、希望条件などを聞き出して適切な企業の求人を紹介してくれます。

キャリアアドバイザーも人間なので合う合わないがあるかもしれませんので3社ほど登録しておくことをお勧めします。

キャリアアドバイザーは適切な求人を紹介してくれるだけではなく選考書類の添削や模擬面接なども行ってくれます。

しかも求職者が利用する際は無料です。

転職のプロの力を借りればこんなに力強いことはありません。あとはキャリアアドバイザーと彼氏を信じて良い会社に転職できることを祈りましょう。

dodaのキャリアアドバイザーに無料相談する