初めての転職は誰だって怖い!転職活動の始め方をブラック企業からの転職経験者が語る

私が入社した会社がブラック企業であることは入社1ヶ月ほどで確信したのですが、私は先入観でどんな環境でも頑張れば道は開ける、そして転職は良くないことだと考えていました。

そんな気持ちで1年が経ち2年が経ち、頑張れど報われないどころか状況はよくなりません。

怒鳴られる毎日、少ない給料、残業に土日出勤。同期も半数以上退職した2年が経った頃には、いつか俺も転職するんだろうな、と考え始めていました。

しかしもちろん転職の経験もなく、ブラック企業でまともな経験を積んでいない私に転職なんてできるのかという恐怖と不安があり、二の足を踏んでいました。

転職はできる人がするもの。

これも先入観でした。

入社3年が経った時に自分の未来を想像した時に転職しなければならない、動かなければ何も変わらないと思い転職を決意します。

私は休みもなく精神的にも衰弱しきっており転職活動の時間が取れなかったので、まず退職し実家に帰り転職活動に専念した結果ホワイト企業に転職することに成功しました。

結果オーライですが今思えば次の職場を決めずに退職するなんて危ない橋を渡ったものだと思います。

どれだけ忙しくても少しづつ転職活動を始めることはできます。

本記事では、働きながらできる転職活動を3つご紹介します。

時間とコストがかからないものから、ちょっと本腰を入れて行うものまで取り揃えているので、あなたが転職を検討しているのであれば是非取り入れてみてください。

ブラック企業に勤めている状況が良くないのが分かっていても、新しいことへの挑戦は怖いものです。

でも少しだけでもやってみると思いがけず進んで行くこともあります。

求人情報の収集

街中を歩いていてもネットを見ていても求人情報って溢れていますよね?

これらの情報を収集して興味のある仕事を探します。

特に誰かと打ち合わせをしたりするわけでもないので一番気楽でとっかかりやすい転職活動です。

一方で自分の気持ちも持ちよう次第ということもあり、ダラダラ眺めているだけでは時間を無駄に過ごしてしまいますので、今日から1週間は帰宅後30分と休日2時間を情報収集に充てるなど期間と時間を決めて情報を集めることをおすすめします。

情報を集める手段としては主に以下の3つの方法がありますが転職サイトへの登録が最も効率的なのでおすすめです。

  • 転職サイトへの登録
  • 求人誌
  • ハローワーク

転職サイトは今あなたが手に持っているスマホで登録が完了し求人情報を閲覧することができます。

あまり多くの転職サイトに登録するとお知らせメールが多かったり以前気になった企業がどのサイトの情報か分からなくなったりするのでまずは1社の登録だけでOKです。

一方求人誌はアルバイトが主流で高い能力を必要とする仕事が掲載されることは少ない傾向にあります。

ハローワークはホームページで求人検索をすることもできますが、ハローワークに求人広告を出す企業に費用がかからないことからブラック企業の選別ができていない傾向が強いため私の経験からはおすすめできません。

気になった企業はメモしておいたり、コピペして自分にメールするなど管理しておきましょう。

転職サイトと同じような転職サービスで転職エージェントと呼ばれるものがありますが、転職エージェントは登録すると担当者から連絡がきてカウンセリング(打ち合わせ)を提案されます。

後ほど解説しますが、まだそこまで転職を具体的に考えているわけではない・・・。

という場合は登録して面談は一旦お断りし登録会員に公開されている求人情報を確認することもできます。

同世代へのヒアリング

あなたの同級生のほとんどは働いていると思いますが、会社が違えば給与も勤務時間も業務内容も違います。

また働く選択肢は会社だけではなく公務員や大学の職員、独立など様々です。

他の同世代はどんな働き方をしているのか、特に会社員をしている同世代の話は参考になるでしょう。

飲み会でも構いませんが、話題が散漫になってしまうかもしれませんので飲み会の前にちょっと時間をとって喫茶店などで時間をとって話をするのがおすすめです。

確認する項目の一例は以下の通りですが、形式的に聞くのではなく実際に働いていてどうなのか生の情報を教えてもらいます

聞きたいことは事前に伝えておくと考えておいてくれるかもしれません。

残業はほとんど無いが月末や繁忙期は終電を逃す日があるほど忙しい時期がある、などです。

  • 業務内容
  • 給与
  • 残業
  • 休日
  • 福利厚生

またこれらに加えて以下のような話も聞きましょう。

  • 日々どんな気持ちで仕事に望んでいるのか
  • 上司や同僚はどんな人か
  • 社内の雰囲気はどんな感じか

などその会社の中の人間にしか語れない生々しい情報を聞きましょう。

給与に関しては友人との関係性や友人の性格によって聞くかどうかを決めましょうね。

私はブラック企業に勤めているときに高校の同級生とお互いの働く環境について話をして、自分の会社がブラックであることをと同級生と社会人としての差が生まれていることを認識し、転職の意思を固めました。

転職エージェントへの相談

前述の通り転職エージェントに登録をするとあなたの担当者となるキャリアアドバイザーから連絡がきます。

キャリアアドバイザーはまずカウンセリング(打ち合わせ)を行い転職希望者を分析して適切な求人案件を紹介してくれます。

しかし、まだ転職の意思が固まっていないのであればちょっとカウンセリングはしたくないですよね。

まだ転職する気は無いが情報収集をしているなど今の状況を素直に伝えましょう。

それでもキャリアアドバイザーが一度打ち合わせをしてくれると言ってくれるようであれば会ってみましょう。

キャリアアドバイザーは転職のプロ。

あなたの経験、スキル、資格、学歴などから転職市場でどれほどの価値があるのかを分析してくれます。

ここで知っておかなければいけないのは転職エージェントの紹介手数料についてです。あなたが転職エージェントを利用する場合は無料です。

しかし募集をかけている企業は転職者の年収の30%程度を転職エージェントに支払わなければなりません。

成果報酬なので転職エージェントは転職者希望者をどこかの企業に転職させなければお金がもらえないのです。

当然キャリアアドバイザーは一人でも多くの転職希望者を集めてどこかの会社に転職させたいと考えています。

無理やりどこかに転職させてやろうと考えている可能性もあれば無理やり押し込んでも後々自分の首を締めるから本当に転職の意思が固い人だけを転職させようなどキャリアアドバイザーの考え方も人によって様々でしょう。

キャリアアドバイザーもお仕事ですので、ただ情報をもらいに行くようなスタンスでは協力的にはならないでしょう。

今は転職する気はないけれど分からないことが多いので教えて欲しい。

転職する決意が固まったら御社を利用する。

というスタンスで臨むことでキャリアアドバイザーの協力を得られる可能性が高まります。

dodaのキャリアアドバイザーに無料相談する

転職希望者が多い時期は後回しになれるかもしれませんが、キャリアアドバイザーもお仕事なので緊急度と重要度を考えて優先順位を決めています。

まだ転職の意思が固まっていないのであればまずは1社の登録で十分です。

本格的に転職を決意したらリスクヘッジのために3社登録することをお勧めします。

1社目のキャリアアドバイザーがあなたに合っているととも限りません。

最後に

転職エージェントに登録してカウンセリングを受けるというとちょっと腰が引けてしまうかもしれませんが、求人情報の収集や同世代へのヒアリングはそんなにハードルが高くありません。

いざ転職を決意した時に0から始めるのと1から始めるのでは大きな違いがあります。

将来的に転職するだろうな、と思っているのであればまずは求人情報を眺めるところから始めてみてはいかがでしょうか。

ある日突然その経験が生かされる日がやってくるかもしれません。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
「天職×転職」サイト管理人 しんすけ