出さないよりかは出した方がいい|転職の面接の後のお礼メール・お礼状書き方と例文と出すタイミング

最終面接も終わりいい感じ。

多分内定が出るんじゃないかな!?と思いつつも最後のひと押しにお礼状を出しておきましょう!

私は面接官をする機会もあるのですがお礼状を出したからといって優先的に採用するということはありません。

今の所経験はありませんが、もし同じくらいの年齢・スキル・経験がある二人の転職希望者が最終まで残って片方がお礼状を送ってきて片方が送ってこなかったら、お礼状を送ってきた方を採用するでしょう。

しかし差があった場合は、お礼状を送った方が優位になることは無いでしょう。

また合格かどうか微妙なラインにいる転職希望者からお礼状が届いたら思いとどまる可能性もあります。

よってお礼状はないよりかはマシ程度の最後のおまじないみたいなものです。

ゴールは間近!

本当に入社したい会社であればやれることは全てやっておきましょう!

面接におけるお礼状とは

面接におけるお礼状とはその名の通りお礼、感謝の意を伝える文書です。

ここで言い忘れたからといって自己PRなどをすべきではありません。

大事なことは全て面接の中で話すべきです。

お礼状がビジネス文書の程をなしていることは大前提です。

お礼状を出したはいいがビジネス文書の程をなしていなければ評価を下げてしまうことにもなりかねません。

ビジネス文書の構成とはどういうものなのかを今一度ネットや本などで調べておきましょう。

お礼状を出せばビジネス文書を理解していることは自然とPRすることができます。

またビジネスパーソンとしての気遣いができる人ということもPRすることができます。

お礼状は面接直後にカフェにでも入って面接の熱が冷めないうちに書いてすぐに出しておきましょう。

お礼状は手書きでなくとも大丈夫です。

パソコンで書いてスマホにPDFを送付すればコンビニでプリントアウトすることができます。

転職活動に会社のパソコンとスマホは使わないことが鉄則ですので自分のものを使いましょう。

家に帰ると(ま、面接を全力で頑張ったしお礼状はいいか)という気持ちになってしまいますし、遅くに出すと会社に届くのが面接の翌々日になってしまう可能性もあります。

お礼状を郵送するのであれば面接翌日の朝一番に届くようにしましょう。

面接直後に出すのであればメールでも問題はありません。

お礼状の例文

参考までにお礼状の例文を気にの最後に書いています。

簡潔に書くことを意識しましょう。

書くべき内容としては以下の3点が重要です。

  • 感謝の気持ち
  • 面接の具体的内容への感想
  • 入社意欲の高さ

感謝の気持ち

時候の挨拶の次にお礼の気持ちを記載しましょう。

お礼状はそもそも感謝の意を示すための文書です。

感謝をされて嫌がる人はいません。

ましてや面接官の年齢が高いと好印象を得られる可能せが高まります。

面接の具体的内容への感想

面接の具体的な内容と感想を記載しておきましょう。

具体的内容がないお礼状だとネットからコピペしてきたのかなと思われかねませんし、面接官の心に響きません。

言いたいことは面接の中で言うのが鉄則。

あまり長々と書いたり、面接で言いそびれた自己PRなどを書くと、面接官からしたらなぜ履歴書や職務経歴書に書かなかったのか、面接中に言わなかったのかとマイナス評価につながる可能性すらあります。

お礼状の目的は感謝の意を伝えることであり、自己PRではありません。

入社意欲の高さ

面接を通じて入社意欲が高まった旨を記載しましょう。

ただ入社意欲が高まったと書くのではなく、なぜ入社意欲が高まったのかその理由も含めて記載します。

ここでもあまり長々と書くことはしません。

補足

宛先は原則実質採用の決定権者になっている人です。

面接官が複数人いた場合は宛先をご担当者様として「他のご担当者様にもどうぞよろしくお伝えください。」と一言添えましょう。

担当者の名前が分からない場合は「採用ご担当者様」宛にします。

またお礼状は内容もさることながらスピードも重要です。

面接内容の具体的な感想のみですので、それ以外は例文からコピーして面接後に早々に送ってしまいましょう。

例文

郵送の場合はビジネス文書の形式で、メールの場合はビジネスメールの形式で送ります。

ビジネス文書やメールの形式を理解しているPRにもなります。

前職で当たり前の書き方で書いたところ、世間一般のビジネス常識とは違っていたと言うことも十分にあり得ますので、ネットや本で復習しておきましょう。

郵送の場合の例文

手書きをする場合は綺麗ではなくとも誰でも読める丁寧な字で書きます。

郵送する場合は以下のように記述し三つ折りにして綺麗な封筒に入れて郵送しましょう。

郵送することも久しぶりですよね。

封筒の宛先の書き方や差出人の書き方も調べておきましょう。

◯◯◯◯年◯◯月◯◯日

株式会社◯◯◯◯
◯◯◯部
◯◯様

〒◯◯◯-◯◯◯◯◯
住所:◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯
氏名:◯◯◯◯◯◯
電話番号:◯◯◯-◯◯◯◯-◯◯◯◯
email:◯◯◯◯@◯◯◯◯◯◯

お礼状

拝啓 ◯◯の候、貴社益々ご繁栄のこととお喜び申し上げます。

この度はお忙しい中面接の機会をいただきまして誠にありがとうございました。

面接前には掴みきれなかった御社の全体像や具体的業務内容をお伺いすることができ、御社で働きたいという気持ちが益々強くなりました。
特に◯◯様よりいただいた◯◯◯◯のお話は特に印象に残るとともに共感いたしました。
私の大学で得た知識と社会人になってから得た経験を活用して御社に貢献できるものと確信しております。

取り急ぎお礼を申し上げたくお便りを差し上げました。

末筆ながら、お貴社の益々のご発展をお祈り申し上げます。

敬具

メールの場合の例文

メールでお礼状を送る場合はメール文章に以下のように記載して送信しましょう。
メールの本文に文書の形式で記載するのは不自然です。
件名は「本日の面接の御礼の件」としましょう。
どうしても文書の形式で送りたい場合はメール本文の内容を簡素にしてPDF化した文書を添付して送信することもできますが、メール本文で謝意を伝えるのと効果は大差ないでしょう。
ビジネスは時に完璧な内容よりもスピードが重要なことも多くあります。
メールでお礼を伝えることは面接官にあなたのビジネスのスピードの速さをイメージさせることもできます。
私はメールで送ることをお勧めします。
株式会社◯◯
◯◯◯部
◯◯様
お世話になります。本日面接していただいた◯◯でございます。
この度はお忙しい中面接の機会をいただきまして誠にありがとうございました。
面接前には掴みきれなかった御社の全体像や具体的業務内容をお伺いすることができ、御社で働きたいという気持ちが益々強くなりました。
特に◯◯様よりいただいた◯◯◯◯のお話は特に印象に残るとともに共感いたしました。
私の大学で得た知識と社会人になってから得た経験を活用して御社に貢献できるものと確信しております。
取り急ぎお礼を申し上げたくメールを差し上げました。
よろしくお願い申し上げます。
氏名:◯◯◯◯◯◯
〒◯◯◯-◯◯◯◯
住所:◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯
電話番号:◯◯◯-◯◯◯◯-◯◯◯◯

最後に

転職活動中は他の転職希望者の情報は全くありません。

本当に入社したい会社には少しでも内定に近づくための最後の駄目押しにお礼状は書くようにしましょう。

面接まで完了した時点で企業はあなたに興味を持っています。

合否はあなたが優秀かどうかと言うことも重要ですが、その会社にフィットするかと言うことの方が重要です。

年齢や経歴でどうしても他の転職者に敵わないこともあり得ます。

万が一内定が出なくてもそれは縁がなかっただけ。

1勝10敗でも、その1勝があなたが良い人生を送れる会社であればそれで良しです。

次に行きましょう。

でもここまで頑張ったのですからきっといい結果が待ってます。