転職ノウハウ

面接官が語るブラック企業から転職するときに面接で気をつけるべき退職理由・転職理由に関する3つのこと

私は新卒でブラック企業に入社して3年間働きました。

もう2度とブラック企業では働きたくないとの思いから転職活動を始めるのですが、面接で退職理由・退職理由を聞かれるとどうしても恨みつらみを話したくなってしまいます。

転職エージェントに登録もしていなかった頃の転職活動はろくに面接の準備もしていなかったこともあり今考えれば内定をもらえなかったのも当たり前です。

「上司がしょぼい」なんて子供みたいな表現をして面接官を呆れさせてしまったこともありました。

こんなことを面接で言ったのは私くらいのものでしょうが、いかにブラック企業に勤めていようとも後ろ向きな退職理由・退職理由を語ってはいけません。

企業は前向きな人のみ求めています。

でもミスマッチを避けるためにも現状は分かってほしい。

しかし前職がブラック企業というのは伝え方によっては大きな武器になるのです。

ブラック企業からあなたを魅力的に印象づける面接での転職・退職理由について3つのポイントに分けて解説します!

ブラック企業からの転職の面接での転職理由・退職理由で抑えるべき3つのポイント

ブラック企業からの転職だと転職・退職理由を作り込んでいないと面接の中で暗い話になりがちです。

明るく前向きで簡潔にまとめてあなたの能力やスキルを使ってどのように企業に貢献できるのかなど未来の話に切り替えましょう。

面接の時間は限られていますし、未来の話は明るく楽しいものです。

楽しい面接の印象が面接官に残れば内定が近づきます。

①ブラック企業であることは退職理由ではなく、エピソードの中に散りばめる

ブラック企業とはいえ退職理由をストレートに言ってもいいものか迷いますよね?

あなたがブラックな環境で働いていることを面接官に伝えても内定には近づきません。

あなたが「給料が安くて・・・」「休みがほとんどなくて・・・」「怒鳴られる毎日で・・・」という転職理由を言ったとしても、面接官によっては(気の毒だな)と同情や理解をしてくれることはあっても、(気の毒だから採用しよう!)とはなりません。

これは面接官の立場に立つと理解できます。

面接官は採用したら会社に貢献してくれるであろう人を雇うのが仕事であり、かわいそうな人を雇うなんて発想はありません。

あなたが前職で得た知見を転職後にどのように活かせるのか、どれだけあなたが転職後に貢献できる人材なのかを知りたいのです。

しかしブラック企業で働いたことをうまく話に盛り込めば強みとなります。

理不尽な環境下でも正しいプロセスを踏んで結果を出した、長時間労働に耐えるガッツがあるなどと前向きに捉えられるように工夫をして伝えましょう。

そのためには前職がブラック企業であることは履歴書でも自己紹介や志望動機でも伏せておき、エピソードの中に散りばめるのがポイントです。

面接官
面接官
この人今の会社がしんどいから転職したいんだな

と思われないように面接官がどのように感じているかを察しながら話をする必要があります。

面接官
面接官
これだけバイタリティがあるならうちの会社に来たら成果を出してくれそうだな

ブラック企業でのエピソードはそう思ってもらえるような話に変換しましょう。

もし面接官が不快に思っていそうだと思ったらブラック企業のエピソードは早々に切り上げましょう。

転職する多くの人は誰しも現状に何らかの不満がある、もしくはやむを得ない事情があるために退職します。

ブラック企業からの転職の場合は現状に不満がある場合が多いでしょう。

しかし恨みつらみを言っても始まりません。

「努力や成果が報われる環境で頑張ってみたいと思い退職を決意しました。」

「継続的に成果を出しても、中長期的に見ても給与が上がる見込みが少ないため残念ながら退職することとなりました。」→年収を上げたい

「集中して効率良く働ける環境で頑張りたいと思い退職することといたしました。」→労働時間を短くしたい

「もっと周囲と協力しながら仕事をしたい」→人間関係の良い環境で働きたい

これらの退職理由はブラック企業出身者でなくとも使うことがある退職理由です。

ブラック企業出身であるあなたはブラック企業出身者以外と並べられては困ります。

  • フルタイムで働いているホワイトカラーなのに年収200万代
  • 平日は朝から晩まで外回り
  • 夜や休日に会議や資料作り

そりゃ転職したくなるはずだ、と面接官に思わせる必要があります。

しかしブラック企業からの転職だと分かってもらえずに給与や勤務時間、パワハラなどを退職理由にすると「この人はまた同じ理由で転職してしまうのでは?」と採用担当者に思われてしまいます。

そこで簡潔な退職理由とともに具体的なブラックな事情を付け加えます。

「給与は年収で200万円代であり将来に渡って上がる見込みがなく、努力や成果が報われる環境で頑張ってみたいと思い退職を決意しました。」

「平日や休日に会議や資料作りをせざるを得ず、転職ごは集中して効率良く働ける環境で頑張りたいと思い退職することといたしました。」

「毎日上司が怒鳴り散らす職場であったため、もっと周囲と協力しながら仕事をしたいと思い転職を決意いたしました。」

「確かにちょっとその環境はきついかもね」と面接官に思ってもらいます。

そしてこの退職理由の話は早々に切り上げます。

なぜならどれだけ気の毒なブラック企業での社会人生活をしていたとしてもそれは採用する決定的理由にはならないからです。

  • そんな大変な環境で仕事をしていたのであればうちの会社であれば環境が良くなるので成果を出してくれるのではないか
  • そんなに長時間勤務をしていたのであればうちの会社の人よりも仕事量は多そうだ
  • 怒鳴られる毎日で過ごしたこの人は怒鳴ることのない人の気持ちの分かる指導をするのではないか

そんな期待をわずかにしてくれる程度のプラスアルファを期待する程度です。

具体的に聞かれても恨みつらみをくどくどと言ってはいけません。

企業は前向きな人材のみを求めていることを忘れてはなりません。

私が実際に面接でブラック企業の話をちりばめた話

私は以下の話を自分の長所の中に盛り込みました。

私は積極的に新しいアイデアを実践し、結果が出たらシェアをするということを率先して行なっています。

営業会議の際に私の少ない営業経験から考えた営業戦略が採用され成果につながったことがあります。

具体的には今までターゲットとしては考えられていなかった◯◯業界に需要があることを確認したため、◯◯業界でシェアの高い会社から順に営業をかけていくという案で、これで実際に私の所属している支店はその月の売り上げが社内でトップとなりました。

仕事に対する熱意、「少ない経験から」で謙虚さ、自社商品を決まりきったところに売るのではなく新しい市場を切り開くことのできる能力と実績をPRするのが目的です。

これは私の営業力をPRする上での重要な経験だったので履歴書にも書いていました。

この話は実際に面接官の興味を引き好印象だったようです。

新市場に気付いて成果に結びつけるというのはなかなか簡単にはできないことだとお褒めの言葉をいただきました。

ここからブラック企業の話を散りばめます。

わたし
わたし
月末は数字の追い込みのために土日も営業活動して売上を伸ばしました。

面接官がちょっと不思議そうな顔をして口を開きました。

面接官
面接官
土曜はまだしも日曜日も?翌月に代休は取ったんでしょ?

しめたものです。

私はあまり苦にしていないような口調で

わたし
わたし
できれば休みたいですが上司からの指示だったので。代休は取る習慣が無く取ったことがありません。
面接官
面接官
うちは基本土日休みで休日出勤したら代休を取らないといけないよ
わたし
わたし
そんな会社あるんですね
面接官
面接官
普通だと思うけど・・・

苦笑交じりに言われました。

ブラック自慢をするのは目的ではないのでこの話はこれまで。

あとは自分の持つ能力・スキル・経験がいかに転職後役立つかということを語りました。

その後私はその会社に入社することになるのですが、あとで当時の面接官に聞いたところによると

面接官
面接官
なかなかのブラック企業でやってきたんだったら多少の根性はありそうだ

と思ったそうです。

狙い通りでした。

ブラック企業の経験は「今の会社が嫌だ!」という雰囲気で伝わるとマイナスですが、さも当然のように語るのがポイントです。

しかし話し方によってはブラックが染み付いてしまっているのではないか、後輩にブラックな働き方を押し付けないかという不安を面接官が持ってしまう可能性もあります。

使い方によっては諸刃の剣となる可能性もあるのでブラック企業のエピソードを語る場合はくれぐれも面接官がどのように感じているかを察しながら臨機応変に語るようにしましょう。

②退職理由・転職理由はやりたいことを実現するため

後ろ向きな退職理由は面接官に

面接官
面接官
前職では何かこの人に問題があって辞めたのではないか?

また同じ理由ですぐに辞めてしまうのではないか?

と思われてしまいます。

こう思われてしまうと内定は出ません。

退職理由・転職理由は必ず前向きなものにしましょう。

実際にあなたがブラック企業で働いていたとしても面接官にはそれを確認する術も時間も必要も意味もありません。

仮に人間関係や待遇が本当の退職理由であっても「やりたいことを実現するための退職」に変換しましょう。

そのためには綿密な自己分析と企業分析が欠かせません。

今やりたいことは前の会社では実現できないことを伝えるのが重要です。

③ブラックじゃなかったら辞めていなかった!長期間働きたい意思も重要

中には独立志向の高い人をあえて雇う企業もありますが、多くの求人を出している企業は採用した人が短期間で辞めてしまうことを嫌います。

時間とお金をかけてやっと入社してきたと思ったら1ヶ月、1年、3年で退職・・・。

そんなミスマッチはなんとしても防ぎたいのです。

早期退職は面接官が最も嫌うシチュエーション。

雇ったはいいがすぐに辞められてしまえば面接官は立つ瀬がないのです。

内定を出す以上は長く勤める人であることは大前提です。

転職希望者は誰でも長く勤める気でいると面接で言いますが、当然説得力が必要です。

わたし
わたし
できれば新卒で入社した会社でずっと働きたかったが、自己実現のためには前職を辞めざるを得ず、これを生涯最後の転職としたい

という強い意志を示しましょう。

私は、転職の面接の際には新卒の時の拙い就職活動の結果ブラック企業に入社してしまい、不本意ながら転職を決意した。次入社する会社では末長く働きたいとの意思を明確に伝えました。

もうブラック企業では働きたくないと言った私の本音でした。

入社後に面接官に聞いたところによると、長く会社に貢献してくれそうな雰囲気は伝わったとのことでした。

長く勤める気でいることは面接官からしたら重要な項目ですが、それはあくまで経験と能力が合格ラインに達していると判断された次のことです。

最後に

私はあまりにも劣悪なブラック企業の環境は転職の面接で理解されるということを経験しました。

しかし同時にブラック企業で働いていたということは武器にはなりますが、決め手にはならないことも経験しました。

一人で転職活動をしているとどうしてもブラック企業に勤めていることを強調したくなってしまうものですが、そこはぐっとこらえましょう。

説得力のある退職理由を考えられない場合は転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談することをお勧めします。

どれだけブラック企業で厳しい環境で働いてきたとしてもその会社にフィットしないのであれば内定が出ることはありません。

特に企業がどのような人材を求めているのかを想像し自分をその求めている人材であることをPRするのが面接において最も重要です。

グラフで解説!リクルートエージェントの口コミ評判|求人の質と年収アップ、特徴、悪評は? ※コロナウイルス感染拡大防止のためリクルートエージェントでは対面面談を電話面談に切り替えています。 転職エージェント業...