30代の転職

人生ここから!30歳(男性)が未経験の異業種への転職を成功させるための3つのポイント

子供の頃の30歳のイメージは完全なる大人だったけど、いざ30歳になってみると全然大人って感じはしないですよね。

でももう新入社員ですらなく中堅クラスになりかけていて間違いなくイッパシの社会人。

20歳から30歳はあっという間だったけど、30歳から40歳はもっと早いとも聞きますよね。

30という年齢と転職と考えてこのサイトにたどり着いたのではないでしょうか。

あなたの会社がブラックであればなおさらこのままこの会社に務め続けていいものか悩んでいることでしょう。

そんな30歳という節目に転職をするというということはどういうことなのか3つのポイントをお伝えします。

①即戦力だけでなく伸び代も大事

いかに20代で実力をつけ即戦力になりつつ伸び代も十分にある人材であるか、ということは業界業種限らず求められる人材です。

20代の転職は即戦力というよりもポテンシャルが重視されます。社会人歴数年の20代の実績はその後40年近く続くであろう社会人生活でずっと成果を出し続ける根拠にはならないのです。

もちろん実績が無いよりかはあった方がいいですが、20代はとにかくポンテンシャルつまりは謙虚さと誠実さと熱意です。

では30歳はどうなのか。

社会人経験は10年にも満たないものの社内では中堅社員と呼ばれることも多いでしょう。

少なくとも新人扱いはされません。

それは30歳での転職も同じこと。

あなたは新人ではありませんがまだベテランの域には達していません。

そこであなたがPRすべきは即戦力となる実績があることと、伸び代があることです。

でも実績があることをそのまま伝えてはいけません。

実績を出すに至ったプロセスがいかに正しかったか、ということを伝えた上でその結果である実績を付け加えるのです。

たまたまではなく正しい努力を積み重ねて成功するべくして成功したということを伝えることにより、仕事が変われど経験を積めばいずれ成果を出してくれる人材であると印象付けることができます。

正しい努力を継続できる人間であることはサラリーマンをやっていく上で極めて重要です。

また20代の転職と同様に謙虚に誠実に学ぶ姿勢に熱意が伴っているかということも伸び代があることを伝える上で大切です。

いくら謙虚で誠実でも、熱意が少ないとある程度で満足してしまう人であれば成長が途中で止まってしまいます。

一方熱意が旺盛でも謙虚で誠実さがなければ転職先での人間関係や会社の方針に反するなどのトラブルの要因になりかねないとの不安がよぎります。

また後輩の指導をしたことがある人やプロジェクトのリーダーをした経験があればそのことも積極的にPRすべくまとめておきましょう。

30代の仕事は最前線で働きながら後進を育てたりプロジェクトのリーダーを経験しながらマネジメント能力を育んで行く必要があります。

②目先の利益ではなく将来を見据えているか

あなたの転職の目的は何ですか?

今検討している転職は目先の利益にとらわれておらず将来を見据えているかということは重要です。

dodaによると30代の転職理由ランキングによると以下のような順位になっています。

順位 前年度 転職理由 割合 前年度比
1位 2位 他にやりやい仕事がある

13.7%

-0.6pt
2位 1位 会社の将来に不安がある

13.5%

-1.1pt
3位 3位 給与に不満がある

11.3%

1.4pt
4位 4位 残業が多い/休日が少ない

7.1%

0.1pt
5位 5位 専門知識・技術力を習得したい

5.4%

-0.6pt
6位 6位 U・Iターンしたい

4.1%

-0.4pt
7位 7位 幅広い経験・知識を積みたい

4.0%

0.0pt
8位 11位 会社の評価方法に不満がある

3.7%

0.6pt
9位 8位 業界の先行きが不安

3.3%

-0.2pt
10位 9位 市場価値を上げたい

3.3%

-0.1pt

引用元:doda

20代で転職理由にランクインしていない「会社の評価方法に不満がある」がランクインしているのでが特徴で、結婚・出産といったライフイベントにより20代よりも収入に意識が向けられる傾向にあります(※dodaより引用)。

このうち、「他にやりたい仕事がある」「専門知識・技術力を習得したい」「幅広い経験・知識を積みたい」「市場評価をあげたい」がポジティブ、「会社の将来に不安がある」「給与に不満がある」「残業が多い/休日が少ない」「会社の評価方法に不満がある」「業界の先行きが不安」の5つがネガティブな理由ですね。

「U・Iターンしたいは」事情によりどちらにもなり得ますがどちらかというとネガティブ寄りでしょうか。

ブラック企業からの転職の場合はネガティブな転職理由の多くが当てはまるのでは無いでしょうか。

ブラック企業は顧客満足よりも当月の売り上げを重視する傾向にあります。

つまり顧客を育てることよりも目先の利益を優先しがちということです。あなたもこの思想に染まっていませんか?

入社してから今までのあなたのキャリアは20代の新入社員のキャリアとは訳が違います。

中堅に差し掛かったあなたの実績・経験・スキル・人脈は今の会社で培ったもの。

一番活用できる場所は今の会社です。

転職先ではゼロからのスタートとなり、前職での実績・経験・スキル・人脈は一旦リセットされます。

自分の持つ実績・経験・スキル・人脈などを(自分にできることは他の人にでもできること)と軽視する人もいますが、自分が思っている以上にこれらはばかにできない自分の財産です。

例えば「営業経験8年」は履歴書の経歴欄を埋めればそれまでですが、営業経験8年の中には自分の担当する顧客の担当者に関する情報・社内人事・競合他社の状況・個人客の場合は性格や趣味や家族構成などの情報はもちろん信頼関係などが含まれます。

それらの中には頑張って収集した情報もあれば長年担当した中で自然にに身ついたものもあるでしょう。

これらを捨てると同時に、煩わしい社内の人間関係や厳しいお客さんとの関係も断ち切れるのですが、転職したからといって残りの社会人人生で気の合う仕事仲間やお客さんとだけ付き合えるわけではありません。

覆水盆に返らず。

今更言われるまでもないかもしれませんが、まずは一時の感情であなたが培ったものを捨てようとしていないか今一度転職を考え直してみてください。

③転職エージェントを有効活用しよう

それでも間違いなく転職を選ぶことが長い社会人人生を良い方向に導くことだと確信できるのであれば転職活動を開始しましょう。

転職活動に不可欠なのが転職エージェントです。

転職エージェントに登録をするとキャリアアドバイザーと呼ばれる担当者がつきます。キャリアアドバイザーは転職希望者と求人を出している会社のマッチングをしてくれます。

キャリアアドバイザーは面談であなたの希望と経歴を聞いて、手持ちの求人を出している会社から内定が出る可能性のある会社を紹介してくれるでしょう。

最初に登録する際はリスクヘッジの観点から3社登録しておくことをお勧めします。

転職エージェントによって得意分野や求人の数、転職エージェントの数や性質も異なります。

しかし4社以上の転職エージェントに登録すると4人の担当者があなたにつくことになり、やりとりするのが非常に手間になります。キャリアアドバイザーも人間であり一会社員なので、やりとりが雑な求職者に対しては対応が悪くなる可能性があります。

キャリアアドバイザーは転職希望者を求人を出している会社に入社させて一定期間定着すると実績となる場合がほとんどです。キャリアアドバイザー に(良い転職先があればあなたを通して転職しますよ)という意思表示を行動で示すことでキャリアアドバイザーをより味方につけることができます。

最初は3社登録しておいて(自分に合っているな)と感じた転職エージェント1社に絞ることをお勧めします。

縁がなかった転職エージェントのキャリアアドバイザーにはお断りの連絡を入れておくようにしましょう。

メールや電話の連絡が来ても放ったらかしでは社会人としてのモラルに反します。またどこでお世話になるかも分かりません。

最後に

もし転職をしない場合、あなたの将来の姿はあなたの会社の諸先輩方が最も近いでしょう。

それでも悪く無いなと思うのであればいまの会社にいても良いかもしれません。

転職は時間も労力もものすごくかかります。

結婚している場合パートナーや子供にも影響があります。

安易な転職はしないほうが良いですが、時には大胆に行動することも必要です。

この記事があなたの人生が良い方向に進むことに少しでも力になれたのであればこんなに嬉しいことはありません。