営業の成績が悪くて辞めたい!転職する時に考えるべき3つのこと

The following two tabs change content below.

しんすけ

ブラック企業からホワイト企業に転職した経験を持ち、今は面接官も務めています。 求職者と採用担当者の両方の目線で求職者の悩みを解決し、転職サービスを客観的目線で評価します。

私は新卒でブラック企業に新卒で入社して3年間個人客相手に飛び込み営業をやっていました。

成績が上がった時期もあったのですが、成績を維持することはできず、低迷。

成績が悪い営業ほど惨めなものはありません。

ブラック企業だったことも転職した要因ではありますが、成績が低迷して「もうこれ以上売れない」と思ったことも大きな要因でした。

転職活動の際には営業職以外も検討しましたが、結局は異業界の営業職におさまりました。

個人客相手の飛び込み営業から、法人客相手のルート営業兼新規開発営業に転職し楽しくやっています。

年収も良くなり労働環境も改善されました。

最後まで読めば、どうすれば成績の悪い営業職が転職を成功させることができるのかが分かります!


営業成績が悪い営業職の悩み

営業成績が悪いサイクルに入ってしまうと毎日が憂鬱ですよね?

あなたが日々悩んでいることはこんなことじゃないですか?


①社内で肩身が狭い

営業職で成績が悪いと言うことは売れていないと言うこと。

営業であれば、自分の給料以上に直接商品を販売しない事務員さんなどの給料も稼がねばなりません。

もう耳にタコができるほど言われてきたことです。

営業は数字が全て。

商品を売るのが仕事なのに売れていないと言う逃れようのない状況は自分を否定するのに十分な事実です。

別に事務員さんがあなたのことを揶揄しているわけでもないのに、被害妄想・自虐的に肩身が狭い思いがします。


②毎日上司に怒られる

成績が悪いと当然上司から怒られます。

怒られなくなると見放されていると言うことにもなりかねませんので、怒られないのもそれはそれで怖いですが、怒られるのも当然嫌なものです。

成績が悪くてネガティブな気分の上に怒られるとさらに気分はネガティブに。

この負のスパイラルを抜けるためには成績を上げるしかありませんが、そんなに簡単に売れるものでもありません。

今月は諦めようかな・・・。


③同期がどんどん成績を上げる

あなたの成績が悪いのを尻目に同期が次々と売り上げを立てていく。

他人に比較されるまでもなく、自分が一番悔しいと思っています。

今月はたまたま俺の調子が悪くてあいつの調子が良かっただけだ!と思いたいのですが、数字って時には残酷ですね。

同期の売上が落ちることを祈るよりも、自分が売って追い越さねば!と思っても、心のどこかでは同期の売上が落ちることを祈っているのかもしれません。

④営業の会議に出席したくない

営業会議では初っ端に、現在の売上利益の状況、見込み案件の進捗を報告せねばなりません。

もはや目標達成がほぼ無理であろう数字を報告するのが本当に嫌。

挽回策を報告してもどうせ無理なのは分かっている。

これぞ絵に描いた餅。

成績が悪い月の営業会議ほど嫌なものはありません。

⑤どうせ無理なのに月末が忙しい

もはや15日を過ぎて目標額の半分に遠く及ばない数字だったら諦めるしかありません。

実際そこから無理して挽回するくらいだったら、来月に回した方がいい。

月によっては来期に回したいくらいです。

それでも成績が悪いのであれば月末は忙しい…、フリをせねばなりません。

目標達成は無理だけど最後まで頑張ってる感、を出しながらどうやってサボるのかを考えます。

気がつけば来月の仕込みもろくにできておらず、気がつけば月が変わり1週目は月初だからダラダラ、あれよあれよと月の半分が過ぎ、負のスパイラルの無限ループ。

いつかこれを断ち切ることはできるんだろうか?

営業成績が悪くて転職する時に考えるべき3つのこと

あなたが悩んでいることはありましたか?

営業が負のスパイラルに入り込んでしまったら抜け出すのは容易ではありません。

今の会社で負のスパイラルを抜け出すと決めたのであればそれで良し。

しかし転職して心機一転頑張るのであれば、以下の3つを考えておいてください。

①異業界の営業職を検討する

営業成績が悪いのはあなたの実力不足、ということもありますが、営業ではなくその業界や会社が向いていないということも十分に考えられます。

ちなみに私はそうでした。

個人客相手で毎月の売上利益を同じ会社の社員同士で競い合う営業の世界は私には合いませんでした。

しかし法人客相手に会社全体が一番となってチームプレイで売上利益を最大化していく営業の世界は私にジャストフィットしました。

もしあなたが営業職を続けたいと考えているのであれば、異業界の営業職を検討してみてください。

異業界でも営業という職種が一緒であれば、業界知識と商品知識を勉強すれば売ることはできます。

前の業界で当たり前に行われている手法が、転職後の業界では全く行われておらず、あなたの武器になるかもしれません。

ちなみに私の場合は、飛び込み営業の経験が転職後に武器になりました。

法人営業で新規開発営業の際は、ターゲットの会社に電話して担当者につないでもらいアポイントをもらって、数回その担当者に通って買ってもらういます。

しかし私は新規開発営業で電話して訪問するまでは一緒なのですが、アポイントを取っていない部署にもついでに飛び込みで売り込みをします。

一度お客さんの会社に行くと見込み客が数件できるので効率よく案件開発ができます。

1アポイント1訪問が当たり前の法人営業の世界では飛び込み営業をする人がほとんどいないので、私の武器となったのです。

この営業手法は社内で共有し各部署の売上が上がりました。

私からしたらそんなに大したことではなかったのですが、飛び込み営業をしたことがない営業職にとってはとても新鮮だったようです。

②営業職以外を検討する

もう営業職が嫌だ!という場合には営業職以外の仕事を検討するしかありません。

異業種への転職の場合に考えるべきは、まず今の会社で別の職種に異動できないかということです。

同じ会社でも職種を変えることができるので当てば、会社での勤続が継続しますので、別の会社で異職種に転職するよりも状況が良くなる可能性があります。

もう今の会社も営業も嫌だ!という場合には同じ業界での異職種か別業界での異職種に転職することになります。

同じ業界での異職種への転職の場合は、必ず「なぜ今の会社での移動をしなかったのですか?」と聞かれるので相手を納得させられるだけの理由を準備しておきましょう。

異業界異職種の場合はかなりの確率で年収が下がることを覚悟しておかねばなりません。

また営業に嫌気がさしすぎて人と接する仕事が嫌だというような場合は、工場での仕事やシステムエンジニアなど営業職と比べると人と接する時間の少ない仕事もあります。

③転職活動を本格化する前に、転職後の条件を確認する

転職活動を行うと転職後の仕事内容や年収や労働条件が気になりますよね?

なるべくいい条件の会社に転職したいと思うのは当然のことです。

転職後の労働条件は転職エージェントを利用すれば簡単に知ることができます

まずは転職エージェントに登録をして面談だけ済ましてしまいましょう。

転職エージェントは面談を含めて全てのサービスを無料で受けることができます。

まずは求人件数が最も多いリクルートエージェントに登録をしておいて、いい条件の会社があればあと2つくらいの転職エージェントにも登録をして転職活動を本格化すれば良いでしょう。

いい条件の求人がないと思えばいい条件の求人が出てくるまで今の会社に在籍しておけばいいのです。

面談は平日の遅い時間や土曜日でも受けることができます。

リクルートエージェント公式ホームページ

最後に

営業成績が悪い時期が続けば本当にしんどいですよね?
でもここが頑張りどころ。

今決めなければまた同じ日々が繰り返されてしまいます。

今の会社で頑張り続けるか、転職して心機一転頑張るか今決めてしまいましょう。

あなたの転職がうまく行くことを祈っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「天職×転職」サイト管理人 しんすけ

The following two tabs change content below.

しんすけ

ブラック企業からホワイト企業に転職した経験を持ち、今は面接官も務めています。 求職者と採用担当者の両方の目線で求職者の悩みを解決し、転職サービスを客観的目線で評価します。